×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×超^3ハイスペックタブレット端末 / NVIDIA SHIELD tablet

069.jpg

肌寒い季節になってきましたね。KMAyC(くまうす)です。

3年前に購入したタブレット端末「iPad 2」がそろそろアップルからサポートを切られそうになったり、そもそもiOS 8を乗せると動きが重くなったりしたのでこの際新しいタブレットを買おうと思った10月半ば。
そこで幾つかの条件で絞り込みました。
・価格 < 45000円
・最新の3Dゲームがサクサク動く
・バッテリーが10時間程度は持つ
・microSDカード等の拡張性

こんな条件を満たす理想的なタブレットは......ありました!

今回はそんな貧乏大学生の夢を叶えてくれタブレットを紹介します。

今回の商品


069-5.jpg
NVIDIA SHIELD tablet

ファーストコンタクト


069-1.jpg
箱の中の無数の波動関数の重ね合わせの状態がある特定の状態に収束する、それも自分という観測者によって。(シュレーディンガーの開封)
・本体
・画面クリーナー
・ACアダプター(プラグヘッド二種類)
・USBケーブル
が入っている。

069-2.jpg
069-3.jpg
大きさはiPad 2よりもかなり小さく、厚さは同じくらい。

想像を超える処理能力


このデバイスはnVidiaの一般コンピュータ向けのGPUであるGeForce Keplerアーキテクチャがそのまま搭載されており、つまりはPCと同レベルの処理能力を有している。
さらに言えば、最新のOpenGLやDirectXにも対応しているので3Dの美しさも格段に違う。

ベンチマーク(GFXBench 3.0)
069-4.png
アップルの最新のA8チップに倍近い差をつけて圧勝している!
(現時点で世界最強のAndroidタブレットだ)

実はこのタブレットにはGeForce GTX650以上のGPU搭載のPCからPCゲームをストリーミングしてプレイする機能も付いている。

これだけの処理能力があったら発熱がやばそう...?
それも心配にはおよばない。放熱機構がしっかりしていて最高時でも40℃を超えることはない

ゲーマーならばもう買うしかないのだ!

ゲームだけじゃない


ディスプレイは解像度が1920*1200(px)のiPSディスプレイを採用しており、
広い視角と鮮やかな発色と高いピクセル密度を実現している!

その他の部分も他のAndroidタブレットにあるようなBluetoothやカメラなども当然搭載されている。
バッテリーもネットサーフィングや動画鑑賞ならば9時間近くは持つ。

このタブレットにはスタイラスペンが付属している。ペン先は細く、授業の板書にも使えるほどだ。
069-7.jpg

このタブレットは決してゲーマーのみではなく、万人向けのタブレットと言える。

NVIDIA SHIELD tablet


・OS: Android 4.4
・CPU/GPU: NVIDIA Tegra K1 32bit
・ディスプレイ: 8インチ(1920*1200)
・カメラ: 前面背面ともに5MP(AF/HDR対応)
・内蔵ストレージ: 16GB
・外部インターフェース: microSD(128GBまで), mini HDMI, micro USB(2.0)
・サイズ: 221*126*9.2(mm)
・重量: 390g

メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。