×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×三脚?一脚? 購入日記vol.2

007.png

はい、昨日から始まった、『三脚?一脚?購入日記』。

初回にして、早速一脚を買うことに決めてしまいました。

まず昨日、一脚を選ぶ際の希望する条件を上げました↓
1,全高が1400mm以上。
2,重さ600g以下。
3,先端に自由雲台つき。

さてこの条件の一脚を探していきます。
(今回は小型ビデオカメラを想定していますが、デジタル一眼レフなどでの使用を検討している方は、望遠レンズをつけてもいいように、搭載重量も考慮する必要があります。)

まずは、価格.comの詳細検索。
その結果、SLIK、Velbonなどのメーカーを中心に10個程度まで絞ることが出来ました。

さらに、値段やメーカー公式ページなどの情報により、以下の3つに絞りました。

まず、SLIKのライティポッド200。

(クリックするとAmazonのページへリンクします。)


次に、同じSLIKからもうひとつ、ライティーポッド224 SC。
なぜかコチラは、「ライティー」です。



最後は、VelbonのULTRA STICK M43Q。

(残念ながら、Amazonでは取り扱っていないようです。 2012/04/28現在)


今回、こだわりたいポイントを中心に、上の3種類の一脚をまとめてみました↓
2012-04-28.png


クイックシューは、三脚・一脚または雲台とカメラを繋ぐ部分で、三脚側の台座とカメラ側の台座からできています。
コレがあると、あらかじめカメラ側の台座を付けておくことで、ワンタッチでカメラを装着できます。

また、一脚を伸ばしたとき、それを固定する方式は2種類あり、レバーで固定するレバー式と、軸を少しだけ回転させて固定する、ウルトラロックがあります。
前に、近所のビックカメラで試したところ、ウルトラロックはきちんと止めないと、使用中にスルスルと落ちて来てしまう事があったので、今回はレバー式のほうがいいと思っています。


さて、そうなると悩んでしまいます。
SLIKの2つは、レバー式ではあるものの、クイックシューは搭載していません。

一方Velbonはクイックシューつきでしかも、3つのなかで一番コンパクトですが、ウルトラロック式を採用しています。

こうして悩んでいるうちにある解決策が浮かんだのです。

なんとSLIKが水準器つきのクイックシューだけで発売してるではないですか!

(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

まあ、価格.comで2000円以上と安くはありませんが。。。

でも、使っていて、どうしてもクイックシューが欲しい!ってなったら、後から買えるのです。

まあ、安くはありませんが。。。



こうして、VelbonのUlutra Stick M43Qは脱落。

残るはSLIKの2種類です。

単純に考えたら、全体的に軽いライティポッド200を選びます。

いやまて、ライティポッド200は本体が軽い分、強度が弱いのではないか?と思ったあなた、なんとそれが逆なのです!
SLIKの公式HPによると、ライティポッド200の最大搭載重量は2kg以下。それに対して、ライティポッド224 SCのそれは1kg。

ライティポッド200は実に良くできた一脚なのです。

だったら、早くライティポッド200を買えよ!なんで迷ってんだよ!お前はバカか?などと思っている皆さん、ちょっとお待ちください。

実は、私がすぐにライティポッド200に決定出来ない理由があるのです!

だから、重いライティポッド224 SCと本気で迷っているのです!



その理由はvol.3で。

ではでは~。
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://musutai.blog.fc2.com/tb.php/7-e039c01e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめteみた.【三脚?一脚? 購入日記vol.2】
はい、昨日から始まった、『三脚?一脚?購入日記』。初回にして、早速一脚を買うことに決めてしまいました。まず昨日、一脚を選ぶ際の希望する条件を上げました↓1,全高が1400いき まとめwoネタ速suru[2012/04/28 22:15]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。