×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×望遠レンズを手に入れた  nikon AF-S NIKKOR 70-300mmf4.5-5.6G

054.png

お久しぶりです、今日はまたレンズをゲットしました!

今回は今までずっと欲しい、欲しいと思っていた望遠レンズです。

私がカメラを始めたと知った祖父が、「これでレンズでも買いなさい」とくれたお金でございます。

いやあ、本当にありがとうございました。

というわけで今回買ったのがコチラ↓

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

NikonのAF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)という手ぶれ補正搭載、焦点距離70-300mmの望遠レンズです。

望遠レンズというのは、遠くの物を近くに引き寄せて撮影することができる物です。一眼レフというのは、このように用途に合わせてレンズを交換して楽しめるのです。

さて、では早速レビューいたしましょう!

AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6Gのレビュー



2013-04-29 (9)
やはりニコンのレンズと言えばこの金色の箱!いやあ、最高です!実は今回は人生初の中古レンズです。やはりレンズって高いですから、中古でもいいかな、と。

利用したのはマップカメラという日本最大の中古カメラを取り扱うサイト。

新宿には実店舗も持っています。やはりネットで買い物をするときには、実際に店舗を持っている会社から買うことをおすすめします。

2013-04-29 (2)
こちらが本体。「美品」を選んだので、本体には目立った傷も無く、レンズにも全く傷がありません。
この辺はマップカメラさんのほうでも厳正に審査されているのだと思います。

2013-04-29 (3)
マニュアル/オートフォーカスの切り替えボタンと、手ぶれ補正のON/OFFスイッチ。これらに加えこのレンズには、手ぶれ補正にACTIVEモードも搭載。これは車の中からなど自分が動きながら撮影する際に効果的なんだとか。

2013-04-29 (4)
フードをつけた状態。写真でもわかりますが左の所に少し汚れが目立ちます。おそらく「美品」というのはカメラ本体の状態だけで判断しているのではないでしょうか?

まあ機能には全く影響ありませんし、もし気になってもフードだけなら安く手に入れることができるので、そこまで問題は無いでしょう。

2013-04-29 (7)
レンズのフィルター径は18-105mmと同じ67mmということで、PLフィルターなどの使い回しがラクそうです。今回も、ケンコーの保護フィルター(Kenko PRO1D プロテクターワイド 67mm (Amazon))を装着。

2013-04-29 (6)
今持っているレンズ達との比較。やはり望遠レンズの長さが際立ってますね!
(左から50mmf1.8、18-105mmf3.5-5.6、70-300mmf4.5-5.6)

2013-04-29 (8)
カメラにつけた状態!
カッコイイィィィィィィィーーーーーーー!
ああ、発狂しそう・・・。(←すでにしてるだろ!)

D7000のボディーにあわせると大きさもちょうどいい感じです。

撮ってみた


ではこのレンズを付けて、早速撮影行ってきました↓

今回は成田国際空港の近くの有名な撮影ポイント桜の山公園からです。

2013-04-29 (12)
D7000にこのレンズをつけると、焦点距離が35mm換算で450mmの望遠レンズに。滑走路から離陸するジャンボジェット機の勇姿を写すことができます。

2013-04-29.jpg
カッコイイーーーーーーー!(このレンズをつけたカメラが)


Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)


・レンズ構成:12群17枚
・焦点距離:70~300 mm
・最短撮影距離:1.5 m
・最大径×長さ 80x143.5 mm
・フィルター径:67mm
・重もさ:745g  
・手ブレ補正機構VRを搭載。
・フルサイズ対応で約4.3倍のズームレンズ。
・運動会や動物園など、離れたものを大きく撮りたいとき便利。


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://musutai.blog.fc2.com/tb.php/59-6fc865d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。