×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×ついに購入!解放f1.8の明るいレンズ!  Nikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8G

050.png

お久しぶりです。

いやぁ~ついに買いましたよ!Nikonの50mmf1.8の単焦点レ~~~~ンズ!!

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)


まあこのブログはカメラをやっている人以外の人も多く御覧になっているのと思いますので、簡単に説明を。

最近はやりの一眼レフやミラーレス一眼。やはりその特徴と言ったら、レンズを交換できることでしょう。ワイドに撮れる広角レンズ。遠くの物を大きく撮れる望遠レンズ。小さな物にもぐいぐいよって撮影できるマクロレンズ・・・・・・。

レンズの世界は広くいろんな個性あるレンズがあります。(そしてコレに取り憑かれるとお金が・・・・・・。「レンズ沼にはまる」といいます。)


しかしムスタイくんはあくまで学生。高価なレンズには手が出ません。しかしせっかく一眼レフを買ったなら、どうしてもほしいレンズがあったのです。

それがこの50mmf1.8の単焦点レンズ。

単焦点ということはズームできません。えっ?そんなものの何がいいのかって?

ポイントはこのf1.8という明るさ。

ちなみにその明るさ、つまり最も解放したときの絞り値を表すのが、このf値。

絞りはf1 f1.4 f2 f2.8 f4 f5.6 f8 f11 f16 f22 f32・・・と√2倍するごとに光が1/2倍に。つまり数字が小さいほど明るいレンズと言うことになります。


レンズが明るいほど、被写界深度が浅くなり背景をぼかしたり、暗いところでも高速シャッターが切れるようになるのです。

それぞれのf値でのボケ具合の違い


ごくごく一般的な家庭にある大仏をつかって実験です。

f1.8
2013-2-24 (6) 

f2.8
2013-2-24 (7)

f4
2013-2-24 (8)

f8
2013-2-24 (10)

f16
2013-2-24 (9)


このように明るいレンズは、背景が汚いところでもボカして背景を整理できたり、暗いところでも高速シャッターが切れるので手持ち撮影が可能、などなど表現の幅が広がります。



さて、今回選んだAF-S NIKKOR 50mm f1.8Gは非常に安価ながら、きわめてよい描写をすると評判のレンズです。

D7000での使用の場合、焦点距離が換算で75mmとすこし望遠気味ですが、とっても使いやすい画角で、かつレンズが軽いのがいいです。

AF-S NIKKOR 50mm f1.8Gのレビュー


まずは外箱↓
2013-2-24 (1)

そして付属品と本体。付属品は説明書とレンズフードとレンズポーチが付いていました。比較的安価なレンズなのに手を抜かないあたり、ニコンさんさすがです↓
2013-2-24 (2)

レンズ本体。非常に軽い。またマニュアルでのピント合わせがしやすいフォーカスリングの感触がたまりません!
これはキットレンズの18-105mmとは大違い。
2013-2-24 (3)

D7000につけるとこんな感じ。
2013-2-24 (5)

コンパクトで、首からさげてもバランスが悪くないのがうれしいところ。

また超音波モーターでフルタイムマニュアルが可能で、かつオートフォーカスは高速。いやぁ~買ってよかった。

描写性能はネットを探せばプロの方がいろいろ言っているので割愛。


でもいい買い物でした!

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8G


・焦点距離:50mm(APS-Cで換算75mm)
・最短撮影距離 : 約0.45m
・フィルターサイズ : 56mm
・大きさ : 約 72(最大径)× 52.5mm
・重さ : 約185g
・付属品 : フード、レンズキャップ、ソフトケース、レンズ裏ぶた
・超音波モーターによる高速オートフォーカス。
・M/AモードでAF動作後のマニュアルフォーカス可能。


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



このレンズで私が撮影した画像については、プロフィール覧にもリンクのある、Musutai Snapで。
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://musutai.blog.fc2.com/tb.php/54-ea00c896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。