×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×カメラのお手入れコレ一枚! King レンズクリーニングティッシュ

047.png


お久しぶりです。

さて、一眼レフを買ってからしばらくになり、だいぶいろんな写真を撮ってきました。

一眼レフで大切なのは撮影後のお手入れ!

特に高価なものはお手入れが大切です。

一眼レフなどのお手入れで最も有名なものはブロアーと呼ばれるものでしょう。

こんなの↓

(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

これは丸いゴム球を握ることで空気を勢いよくだし、埃などを吹き飛ばすものです。

あとは友達の耳の穴に向けて発射する目的にも使えます。


さて、ですがレンズ表面についてしまった汚れや後ろの液晶画面の指紋などはどうでしょうか?

さすがにブロアーだけでは落とせません。そこで眼鏡ふきのような布で軽く拭いてやるわけです。
(この際、ブロアーで先に埃を落としておかないと、拭き取るつもりでも埃がすれて傷がついてしまいます。)

それでも落ちない場合は、専用の洗浄液を使うわけです。

でも、洗浄液は持ち歩くのめんどくさい、そんなあなたにコチラ↓

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

Kingのレンズクリーニングティッシュです。

こちら50枚入りで、あらかじめ洗浄液が浸っているウエットティッシュです。しかも個包装となっているので、2、3個カメラバックに入れておけばいつでも使えるのです。


レンズクリーニングティッシュのレビュー


2013-01-13 (2)
こんな感じのかわいい個包装です。

2013-01-13 (1)
あけて広げてみると結構大きくなっています。右には比較用にみんなのアイドル、MAXホチキス針。

使ってみた感じはやはり便利ですね。うっかりレンズ表面を触ってしまった場合にも、さっと拭き取ることができます。

ですが、レンズを拭いただけではまだまだ液が残っていてもったいないので、その後裏の液晶画面や眼鏡、スマホなどを拭いたりしています。
さらにレンズのズームリングなどをふくと、結構汚れが取れたりします。

いや~ホントいいわ~。


King Photo Style レンズクリーニングティッシュ


・枚数:50枚
・材料:アクリル系超極細繊維不織布+精製水+界面活性剤
・サイズ:13×15cm
・ノンアルコールで帯電防止効果あり
・拭き跡がのこりにくい


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://musutai.blog.fc2.com/tb.php/50-8dd93be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。