×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×スタビライザー調整の手引き  Hague Mini Motion Cam Stabilizer

038.png


お久しぶりでございます。

またまた、スタビライザーか・・・・・・。と、思っていらっしゃる方、ご安心ください。今回がスタビライザー関する最後の記事でございます。

初めての回に、調整編も出す、といってから全く音沙汰無く、間にUSBメモリーに関する記事も挟まってしまったため、もういいかなぁ、と思ってはいたのですが、やはり皆様からの絶大なる期待があるやもしれませんので、書かせていただきました。


バランスのとれた状態とは?


さて、スタビライザーのバランスがとれている、とはどういった状態なのかを説明していきます。

簡単に言ってしまえば、持ち手の部分をグリグリやっても、カメラ本体が全く動かず同じ方向を向いているという状態です。

百聞不如一見。
こちらをご覧ください。
前編に埋め込んであった動画です。


バランスのとれる理由

 
(仕組みの説明なので、なんとなく感覚的に分かればOK)

2012-10-20.png

スタビライザーの持ち手の部分がグリグリと動くのは、ここに可動する部分があるからです。

2012-10-19 (4)

このようにボールが入っています。

ここで、カメラとスタビライザーの重さを支えているのは、この可動部分のボールです。

ところで、物体は重心で支えられていれば、動かしても水平のバランスは崩れません。

たとえば、机においてあるペンを持ち上げるときも、重心以外の部分(端っこ)を持ち上げると、反対側が下がってしまいますが、真ん中の重心をもって持ち上げれば、バランスを崩すことなく持ち上がります。

よって、カメラとスタビライザーの合わせた重心で、ちょうど重さを支えていれば(=ちょうどそこに可動部分が来ていれば)、動かしても水平バランスは崩れないのです。

ようするに、カメラとスタビライザー合わせた全体としての重心を、可動部分に合わせろ、ということ。ちょうどそこで重さを支えているからです。
これは、ペンの重さを支える部分(=ペンを持った部分)とペンの重心が一致しているのと同じこと。

つまり、重心を持って支えているのとおなじことなのです。

これがすべてです。これ以上に、スタビライザー調整をうまく説明した物はないでしょう。


3、調整のやり方


ワイドコンバージョンレンズ、DQ-11のようなクイックシューや、LBL-20のようのブラケット、さらに液晶ディスプレイの開き具合もバランスに影響します。

そのため調整の際は、SDカードや液晶の開き方、ワイコンに至るまですべて本番通りの形を作っておきましょう。

仕組みのところで説明しましたが、目標はただ一つ。全体(カメラ+スタビライザー)の重心を可動部に合わせる、ということ。

そのためには全体(カメラ+スタビライザー)の重心を、前後、左右、上下の三次元に調整して、可動部分まで持って行く必要があります。

スタビライザーは、前後、左右、上下それぞれ独立して調整できるようなっています。

前後バランス

2012-10-19 (2)

カメラの三脚穴を固定する部分が前後に移動できます。

左右バランス

2012-10-19 (1)

おもりをカメラが傾いてるのと反対側に振ることで左右バランスを調整できます。ですが同時に若干前後バランスが崩れるので、再度、前後バランスの微調整を行います。

上下バランス

2012-10-19 (5)

おもりの枚数です。カメラが縦長だったり外部マイクがついていたりして、重心が高い場合にはより多くのおもりで、重心を下の方へずらす必要があります。
カメラの重さは、おもりの枚数とは関係ありません。
おもりの枚数と関係があるのは、上に乗っているカメラの重心の位置が高いか低いかです。



実際の調整手順



1、まず前後、左右のバランスを調整します。これは、動かさない状態で、カメラが水平を保つようにするだけです。

2、次に上下バランスを調整します。はじめはおもりを全部つけて、徐々に外していきます。

  注意すべき点は、上下バランスは、調整できていなくても、静止している時には水平を維持して、一見バランスがとれているかのように見えてしまうことです。

そこで、上下バランスに関しては、あえてわざと傾けてから手を離して、カメラが水平に戻る時間を見ることで調整できているかを確かめます。

おもりが多すぎる場合、つまり重心が可動部よりも下に来てしまっているときは、振り子のようにずっと動きます。

おもりが少なすぎると、逆に手を離しても傾いたままです。

理想はゆっくりと、水平の位置まで戻る状態。近づいてきたら小さいおもりで微調整しましょう。




これらが、全部出来たら完成です。


長々と話してしまいましたが、なれればあっという間です。

また、この努力によって得られる絵の美しさは大きいです。

みなさまも、スタビライザーを使って、なめらかに浮遊するような動画を作ってみてください。



Hague Mini Motion Cam Stabilizer (↑Amazon \10870 ※2012/10/26)


関連記事

コメント

素晴らしい卓見に脱帽です

これほど簡明、明快にスタビライザーを語ったサイトは他にありません。恐れ入りました。

by: * 2016.09.04 12:01 * URL [編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://musutai.blog.fc2.com/tb.php/40-70b487cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。