×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×またまたビデオカメラ用ワイコンを買ったお話 Reynox HDS-680

028.png


昨日久々に更新したかと思えば、二日連続の投稿となりました。

これぞまさに管理人の気まぐれがもたらす結果です。


今回買った物



(クリックするとAmazonのサイトにリンクします。)

Raynox ワイドコンバジョーレンズ HDS-680です。

さて、結構前に、RaynoxのQC-505というビデオカメラ用ワイコンをレビューしたのを覚えておられるでしょうか?
(忘れた?コレだよ!)

そこでも書いているのですが、そのときもHDS-680とQC-505を迷い、結局QC-505にしたのですが、その理由はお金でした。

これが大きな失敗だったのです!

というのも、あのワイコン軽くて手軽に装着可能、まではよかったのですが、なんとバネで止めているために、ちょっと引っかかるとすぐ落ちる。

それだけならまだいいのですが、さらにカメラを素早く振るとケラれるのです。

【ケラれる】ワイコンなどのコンバージョンレンズや、レンズフードなどを装着した際に、カメラの画角の四隅にそれらが映り込んで黒くなる見える現象。

ケラれは普通に見ていれば気になりませんが、一度発見してしまうと、もうそっちにしか目がいかなくなります。


で、結局その原因は、バネで挟み込むだけのワンタッチ式のワイコンの構造にあったので、スクリューマウント式のワイコンを買い直すことに。

でも純正のHGA07Bは高いので、RaynoxのHDS-680にしたというわけです。


HDS-680のレビュー


まずパッケージ↓
2012-07-20.jpg

そして、内容物。

2012-07-20(1).jpg


本体、ケース、説明書に5種類のアダプターリング(白い箱の中)がついています。ちなみに本体の口径は37mmで、アダプターリングを装着すると、43mm、34mm、30.5mm、30mm、27mm径のビデオカメラに装着可能。

まあHDR-CX180ははじめから37mmなので問題ないですが。

本体。

2012-07-20(2).jpg

(写真の色合いの急激な変化は気にしないで!)

前後のレンズキャップがついています。コレ重要。


CX180につけるとこんな感じ。

2012-07-20(3).jpg


若干大きさ、重さともにトップヘビーですが、そこまで問題ないレベル。これでも純正品より軽いんです。


はい、それでこんな感じになりました↓



(YouTubeで見る)

付け外しのところは5倍速です。


Raynox ワイドコンバジョーレンズ HDS-680


・レンズ構成:2群2枚
・重量:125g
・基本取り付け径;37mm
 (ただし、27/30/30.5/34/43mmに対応可能なアダプターリング付属)
・レンズ倍率;0.67倍 (体格倍率0.53倍、水平倍率0.67倍)
・歪曲率:-18.5% (最広角側)
・ズーム全域でピントがあう
・ハイビジョンカメラ対応


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる

関連記事

コメント

こんにちは

『ハンディカムにオーディオテクニカのガンマイクを取り付ける』と言う検索をしたら、あなたのブログに辿り着きました

ビデオ関連のレビュー記事を興味深く拝見させていただきました

読んでいて楽しく思ったので、また見に来たいと思います

by: ユウぱぱ * 2012.09.10 12:20 * URL [編集]

Re: こんにちは


ブログを見ていただきありがとうございます。

新しい商品を買ったらのレビューなので更新は遅いですが、たまに寄っていってください。

ココで紹介した商品に関する使用感などの質問とか、便利なグッツがあったら是非教えてくださいね。

by: ムスタイ * 2012.09.12 23:26 * URL [編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://musutai.blog.fc2.com/tb.php/29-cfb0f7d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。