×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×SDカードも奥が深い! SanDisk Extreme 16GBのレビュー

26.png


さて、今日SDカードを買ってきました!

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします)

メモリーカード関連で世界トップシェアのSanDiskさんのExtreme 16GB!

コチラ、カメラのキタムラで480円でした!

嘘です。同時に5000円の商品券を出したので、5480円です。

やっぱり嘘です。その5000円の商品券は友人から3000円で買ったものなので、3480円です。

というわけで、価格.comの最安値に肉薄する値段で購入。

しかも、Tポイント!



さて、でもこのご時世、16GBのSDHCカードなんてもっと安いものもあります。

でも、今回、ある理由からコチラの商品を選んだのです!


というわけで・・・・・・、

緊急企画! SDカードの選び方!


SDカードを買う際に押さえておきたい基本ポイントをご紹介します。

ポイント1:容量

まずは、SDカードの種類から。SDカードは容量によって3種類に分けられます。
1、SDカード;~2GB
2、SDHCカード;4~32GB
3、SDXCカード;64GB~

自分の使い方にあった容量を選択しましょう。ですが、SDXCカードは高価なため、8~32GBのSDHCカードを複数枚持つ人が多いようです。


ポイント2:転送速度

転送速度にはクラスと呼ばれるものがあります。
Class2~10があり、それらは以下の転送速度を保証されています。
1、Class2; 2MB/秒
2、Class4; 4MB/秒
3、Class6; 6MB/秒
4、Class8; 8MB/秒
5、Class10;10MB/秒

ようするに、Classの数字が大きいほど高速転送が可能ということです。
そして、フルハイビジョンの動画撮影や、高画質の高速連写撮影などを行う際には、必ずClass10などの高速転送可能なSDカードを使用しなくてはなりません。

※クラスは"最低"保証速度なんで、class6なのに"最大"30MB/秒を謳っている製品もあります。


しかし、同じClass10でもピンキリなのです。

2012-07-06.jpg

↑たとえば、今回私が買ったSanDisk Extremeは45MB/秒
さらに、これのさらに上位モデル、SanDisk ExtremeProは95MB/秒!!!!

ですが、これらは常にこれらの速度で使えるわけではありません。この速度で転送できるには、使用する機器側が、UHS-Ⅰという規格に対応している必要があります。
この規格は104MB/秒で読み取りが可能なので、現在売られているほぼすべてのSDカードで、最高速度が味わえます。

ちなみに、UHS-Ⅱという規格も発表され、その速度は314MB/秒というもの。今後これに合わせて、超高速SDメモリーカードが登場するかも。。。

つまり、せっかく高価な高速SDを買っても、自分の環境がそれに追いついていないと、意味がないのです。
というわけで、これまた自分が使う状況に合わせて、選ぶ必要があります。


ポイント3:メーカーと保証

やはり、大切なデータが消えてしまうのはつらいこと。というわけで、比較的有名で、評価もよく、かつ保証なども検討して購入しましょう!

SDカードの大手メーカー↓
SanDisk、東芝、トランセッドなど。

そして、私の今回買ったExtremeには、無期限保証とデータ復旧ソフトの利用権がついてきました!


4、その他、防水、耐温度、耐衝撃など

これも、使う状況に合わせて、必要に応じて。値段と相談して。




さて、これだけ知れば、どうして16GBで1000円のものから、7000円近くするものまであるか、おわかりでしょう?

これらは、自分の使用状況に合わせて、購入しなくてはなりません。

SDカードも意外と奥が深いのです!


SanDisk Extremeのレビュー



今回これを買った理由は、もうすぐ購入予定のデジタル一眼レフ用。
一眼レフが、
防水仕様、高速連写、UHS-Ⅰ対応なので、
それに見合ったSDカードを購入することに!
やはり写真のような思い出は消えたくないので、あえてちょっと高価なSanDiskさんを購入。


2012-07-06(1).jpg

外観こんな感じ。

肝心の転送速度はかなりはやいのでは無いかと感じましたが、たまたま手元にはノーブランドのclass4の物しか無く、そもそも比較にすらなりませんでした。。。




SanDisk SDHCカード Extreme 16GB


・転送速度;最大45MB/秒(Class10)
・UHS-Ⅰ対応
・防水仕様     →カメラが防水だから雨の日でも使う予定なので、SDも防水じゃないと
・耐温度;-25~85℃
・耐衝撃仕様
・耐X線仕様
・無期限保証
・データ復旧ソフト「レスキュープロ」1年間利用可能


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://musutai.blog.fc2.com/tb.php/27-79a7bc5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【SDカードも奥が深い! SanDisk Extreme 16GBのレビュー】
さて、今日SDカードを買ってきました!買ったのはコチラ↓(クリックするとAmazonのページへリンクします)メモリーカード関連で世界トップシェアのSanDiskさんのExtreme 16GB!コチラ、カメ まとめwoネタ速neo[2012/07/08 12:54]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。