×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×ビデオカメラ用ワイドコンバージョンレンズ 購入日記vol.2

019.png


さて、昨日の条件にあるワイドコンバージョンレンズを探してみたところ、Reynoxというメーカーのワイドコンバージョンレンズ2機種に選定できました。

一つはHDS-680(Amazon

もう一つはQC-505(Amazon


この2つ、随分値段が違いますが、それは全く異なるものだからです。

HDS-680は倍率0.67倍、ズーム全域に対応するスクリューマウント式のワイコン。
一方のQC-505は倍率0.5倍、ズームは1~5倍まで対応のワンタッチ式ワイコン。

普段はココで考え時なのですが、

今回は、お金!ってことで、あっさりQC-505に決定。倍率も小さいですしね。

で、見た目こんな感じ↓

2012-05-09 (1)


プラスチック製で値段相応の見た目。

一応ケースもついています。

2012-05-09 (2)


CX180につけるとこんな感じです。

2012-05-09.jpg


つけるときは、このツメを、ワイコン用の溝に引っ掛けて止めます。ですが予想よりは丈夫そう。

2012-05-09(4).jpg


さて、画像だけじゃわからん、で、結局どうなのよ?という方のために、画像をもう一枚。

2012-05-09(5).png

とあるホテルのロビーの様子。ね?ワイドに取れると全体の様子がわかっていいでしょ?

さらに動画もあります↓




では実際に使ってみてのレビューです。

大きさ・重さは申し分ありません。

また、0.5倍というセミフィッシュアイに近い倍率のため、相当ワイドに撮れます。もちろんそのぶん歪みもありますが。

またズームは公称値で1~5倍となっていますが、もう少しいってもピントがあいます。HDR-CX180はズーム時に具体的な倍率が出ないため正確には言えませんが、バーの1/3程度まではズーム可能です。

また、最広角側だと、わずかにケラレが出ることも。少しだけズームするのもいいかも知れません。



ではでは~。
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://musutai.blog.fc2.com/tb.php/19-57e68d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【ビデオカメラ用ワイドコンバージョンレンズ 購入日記vol.2】
さて、昨日の条件にあるワイドコンバージョンレンズを探してみたところ、Reynoxというメーカーのワイドコンバージョンレンズ2機種に選定できました。一つはHDS-680(Amazon)もう一つはQC... まとめwoネタ速neo[2012/05/10 22:23]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。