×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Xperia acro用 Bluetoothキーボード 購入日記vol.3

013.png

さて昨日はHIDプロファイル非対応のAndroid端末でBluetoothキーボードを使用する方法について簡単にお伝えしました。

今日は実際にこの方法でBluetoothキーボードを使ってみてのレビューです。

実際、うまく接続することができました。

2012-05-04.jpg
(2つ並べるとこんな感じ)

そのため、従来の端末画面をつかうソフトキーボードを使用するよりも断然に早く打つことができるようになりました。
またキータッチの部分が無い分、広いスペースを文章の表示に割くことができ、よりスクロールの回数を少なくすることにも成功しています。

反応スピードも申し分なく、iPhoneにHIDのキーボードを繋いだときのような、ダイレクトな感じを味わうことができました。

だがもちろん問題点もありました。

ときどき突然キーが反応しなくなることがあります。
そのため調子のよいときは長文を一度で入力できますが、調子が悪いときになると、何度か接続し直さなくてはなりません。
その度にCONNECTボタンを押さなくてはならないのも大変です。

実際、キーボードを選ぶ際はCONNECTボタンが押しやすい位置にある、ということもひとつの基準になるかもしれません。

2012-05-04(2).jpg
(私の選んだ、TK-FBP030BKというキーボードは、上部にCONNECTボタンが付いており押しやすいです)


ですが、それらの問題点を含めても、全体的には満足です。

なぜなら何度か再接続するはめになったとしても、ソフトキーボードよりは断然早く打つことができるからです。

他にも日本語と英語の切り替えはShift+Spaceである、打てる特殊記号が少ないなど、慣れない点も多々ありますが。。。

さて、というわけでBlueKeyboard Pro JPを使ったHID非対応のAndroid端末とBluetoothキーボードの接続についてのレビューでした。


画面はこんな感じ

2012-05-04(3).png


(ちなみに使っているメモ帳アプリは、コレです)


ではでは~。
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://musutai.blog.fc2.com/tb.php/13-7ba0bd75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。