×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×シンプル!Mac専用テンキー iBUFFALO BSTK08MSV

068.png

みなさんお久しぶりです。Musutai(ムスタイ)でございます。

さて、夏も暑くなってまいりましたね。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

最近なにかと、期末試験も近づき、多くのレポート課題が出される中、最近何かと数字の入力が多くなってきたムスタイでございます。

わたくし,こう見えましても(←??)タイピングはまずまず速いほうでございまして、寿司打とか結構やってました。ですが、キーボードの一番上の数字キーに関しては猿なみです。

そこで今回はMacにぴったりなテンキーを買いました。

今回の商品



(クリックしたらAmazonのページへリンクします。)


iBUFFALOのMac用テンキー、BSTK08MSV です!

これはテンキーのついていないMacのキーボードを使うデザイナーやクリエーターのために作られたテンキー。

デザインも非常にMacとマッチするほか、さまざまな機能がついています。

BSTK08MSVのレビュー



D7K_8858.jpg
↑まずは箱。「Mac専用」の堂々たる文字!

D7K_8860.jpg
↑本体こんな感じ。

エッ!Bluetoothじゃないの!! 
買ってから気づいたムスタイです。

でも質感などは、安い割にしっかりています。きちんと打ちやすい傾斜がついています。

000キーがついているのはあまり見ないような。どうなんでしょうか。

20140725-4.png
↑初めて挿したときにこんなのが出ますが、閉じてしまってかまいません。
これは、文字入力用のキーボードの設定アシスタントです。

D7K_8861.jpg
↑実際にエクセルで試してみました。かなりいい感じです。

とくにいいポイントは000キーとDeleteキー。

よく1000pxなどと入力することの多いわたしは「1」+「000」で入力が完了するのがとても爽快。

またテンキーは常に半角の数字を入力できるので、日本語の文章中に半角数字を入力するときにも助かります。

押した感覚はMacBookProのキーボードのようなカチャカチャという薄い鍵打感ではなく、もうすこし深くてしっかりしたコツコツって感じです。(電卓を少ししっかりさせた感じ?)こっちの方が好みかも。

iBUFFALO BSTK08MSV


・Mac専用テンキー
・Macの雰囲気に合ったシンプルなデザイン
・高額入力に便利な000キーつき。
・対応機種:Apple Mac Bookシリーズ、Power Bookシリーズ、Bookシリーズ
・対応OS:Mac OS X(10.0〜10.8) ※当ブログでは10.9で動作確認済み。
・大きさ:87×124×22mm
・重さ:100g
・インターフェース:USB2.0 バスパワー


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる




スポンサーサイト

×Macに最適な外付けHDD TOSHIBA HD-AA10TW

067.png

みなさんこんにちは、Musutai(ムスタイ)でございます。最近ばたばたと新ブログの作成や、ブログの大改装などお騒がせしました。

一部には「一年中、閉店セールやっておきながら、いっこうに閉店しない店ようだ」という声も聞かれますが・・・。

さて、今回はMusutaiがお送りする久しぶりのレビューでございます。

Macをお使いの方の多くはご存じだとは思いますが、Macにはとっても便利なバックアップ機能「TimeMachine」がついています。

これは自分で買ってきた外付けHDDをTimeMachineに登録すればMacが定期的にバックアップしてくれる、というもの。

ここで今回ご紹介するのは、Macにデザイン的にもぴったり!しかも軽量、コンパクトな外付けHDDです!

今回の商品



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

TOSHIBAのポータブルハードディスク、HD-AA10TWです!

信頼の東芝製、高速転送可能なUSB3.0、容量は1.0TBで、コンパクトといういいことづくしの商品です。

HD-AA10TWのレビュー



D7K_8791.jpg

↑まずは箱から。

D7K_8793.jpg

↑商品の外観。少し長め(1m)のUSB3.0ケーブルがついています。

もちろんUSBバスパワーで動くので、他の電源を必要としません。

D7K_8795.jpg

↑Mac Book Proの並べてみました。他のApple製品と並べても、デザインが似ているので違和感なく使えます。

通信中はブルーのLEDが光ります。

純正にもAirMac Time Capsuleという製品がありますが、コチラはずっと大きくて、しかも高い!

でもこのHDDなら容量もちょうどよく、コンパクト!

Mac使いの人には是非お勧め!もちろんWindowsでも使えます。

TOSHIBA HD-AA10TW


・他のApple製品とも親和性の高いシンプルなデザイン
・コンパクトな設計
・バスパワーで駆動
・USB3.0対応で高速通信
・外寸:79×118.9×13.5 mm
・対応OS:Windows 8.1 / 8 / 7 、 Mac OS X 10.9 / 10.8 / 10.7 / 10.6.6以降
・インターフェース:USB3.0
・付属:USB3.0ケーブル(1m)



メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


×力学的に計算されたスタイリッシュ保護ケース! LUNATIK SEISMIK

no066.jpg


初めまして。新たにこのブログで執筆させていただく KMAyC(くまうす) です。

皆さんの買い物をサポートすべく、レビューをしていきますので宜しくお願いします。

iPhoneを万が一の落下の衝撃から守りたい!(それも確実に)

でもダサい装甲板ケースは使いたくない!
そんなあなたに朗報です。

スタイリッシュな設計でありながら構造力学的に保証された高度な防御力を持つケースがあるのです。

今回の商品



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

LUNATIK社のSEISMIKというケースです

このケースは大部分を衝撃吸収TPU樹脂でつくられており、また裏側は耐久性のある固い素材が使われています。

LUNATIK SEISMIKのレビュー



まずはではなぜこの穴だらけのケースがiPhoneを守れるのか。

その秘密はその三角形の穴にあるんです。

これはいわゆるトラス構造と呼ばれており、鉄橋など様々な強度が必要な建物に応用されているのです。

066-2.jpg
↑図のように力が加わっても、図のように圧縮と伸張をすることにより力を逃がすのです!

実際に75cmからの落下実験をスローモーションで撮影しました!


(YouTubeで見る)

どうです?見事に衝撃を吸収しているでしょ?

たしかにこのケースの高い防御力は証明されました。

でも使い勝手はどうなのか。

まずは装着。一般的な防御力を謳うケースは装着が面倒で、手入れが大変...

だけどこのケースは大丈夫。装着法は至って簡単、「iPhoneをケースに押し込むだけ!」

でもどうせ装着した状態でマナーモードにしたり、イヤホンをつけたりできないでしょ?とお思いの皆さん!

066-3.jpg
↑写真のように装着しながらでもマナーモードの切り替えができます!

ただし、イヤホン用の穴は残念ながら小さく、プラグが大きいイヤホンの装着は厳しいかもしれません

私自身、アルミバンパー、プラスチックケース、シリコンケースを使ったことがありますが、

はっきり言って防御力、デザイン、軽さ、価格のバランスがこれほど良い商品はほかにないと思います!
ちなみに、4種類のカラーバリエーションがあるので下の商品リンクから好きな色を選んでください!

LUNATIK SEISMIK


・トラス構造によってiPhoneを落下時の衝撃から保護
・装着した状態で、マナーモードなどの変更も可能
・素材:衝撃吸収TPU、ハードシェル
・サイズ:13.0cm x 6.35cm x 1.22cm
・重さ:31g
・対応機種:iPhone5,iPhone 5S


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。