×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×最強!スタイリッシュ防水デジカメ! SONY Cyber-shot DSC-TX30

065.png

みなさんこんにちは。ムスタイでございます。

さて、今回は昨年の12月頃に購入したコンパクトデジカメについてのレビューです。

このカメラは現在当ブログ用の写真を撮影するさいのメインカメラとして使用しているものです。そのため今回のブログ用の写真はiPhoneで撮影しました。

あれ?ムスタイさんは一眼レフ持ってるし、コンパクトカメラなんか必要あるの?という疑問も抱いていらっしゃる読者様も多くいらっしゃると思うので、すこしそのへんから。

まず、今回レビューするコンパクトカメラの一番の特徴はなんと言っても防水性能!
驚異の10m防水です!

つまり、海なんかに持って行けば、水深10mまでなら撮影できちゃうのです。

でも、そういうカメラは従来から発売されていました。しかしこのカメラのすごいところはそのスタイリッシュさ!

本来防水デジカメというのは何となくアウトドア系の、ごつい外観をしていました。

これだと、日常用途では使いにくいのです。

たとえば友人の結婚式。ごっつい防水カメラを取り出しますか?

ね?そういうわけです。

あと、もう一つ。このカメラを買った理由は接写撮影に強いこと。これはレビューブログの生命線であります。

iPhoneのカメラは非常に優秀ですがあと一歩のところで寄れないことが多いので。

さて、無駄話はこの辺にいたしまして・・・、

今回買ったもの



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

SONYのサイバーショットDSC-TX30です。

もともと私はニコン派でコンパクトデジカメもニコンを使っていましたが、今回防水デジカメ、ということで探したのでSONYのカメラを買うことにしました。

はっきり言ってブログや日常用と決めているので、画質などについてはレビューしません。ですが、とりあえず言えるのは、画質を求めるなら、1型などの大型センサーを積んだ高級コンパクトをおすすめします。

防水で、スタイリッシュで、高画質で、安い・・・・・・
そんなものは無いっ!!!
を覚えておいてください。

さて、ではレビュー行ってみましょう!

DSC-TX30のレビュー


2014-04-29(1).jpg
↑箱。SONYのハンディカムCX-180を買ったときと同じような箱です。

2014-04-29(2).jpg
↑本体。カバーがしまっています。

2014-04-29(3).jpg
↑レンズカバーを開けた状態。カバーを開けると同時に起動します。
レンズはCarl Zeiss! レンズはCarl Zeiss! レンズはCarl Zeiss!
思わず3回言ってしまいました。Zeissのレンズは一眼用は非常に評価が高いですが高嶺の花なので、安物ですが、Zeissのレンズを持てて幸せですw

SONYらしく非常にスタイリッシュで、その辺の防水デジカメとは違います。

2014-04-29(4).jpg
↑左から電源ボタン、シャッターボタン、ズームレバーです。特記のようなものを左右に倒してズームします。
あと手前の赤いのは動画の録画ボタンです。フルHDの動画が撮れるらしいです。(使わないので)
ただ、防水なこと利用して、カヌーなどのアクティビティーで動画を撮影するのに使えるかも。
普通はGoProを使いますが・・・・・・コレ↓


2014-04-29(5).jpg
↑まあまあ薄いです。

2014-04-29(6).jpg
↑背面は防水のためか一切ボタンなし。3.3型液晶パネルですべて操作します!

2014-04-29(7).jpg
↑122.9万ドットエクストラファイン有機ELできれい!

2014-04-29(8).png
↑そして、この機種の防水と並んでも一つの注目ポイント!マクロ撮影です。
拡大鏡プラスモードで1000円札の一部を撮影してみました。
(法律に触れないように加工してあります。)

日本が誇る通貨偽造防止技術、マイクロ文字を観察することができます。
このカメラのすごさがいまいちぴんと来ない方は、お札を見てください。そしてご自分のカメラでここを撮影してみましょう。たぶん写りません。

あ、この画像、もちろんトリミングなどはしていませんよ。この大きさで、1800万画素で撮影できます。


最後に少し残念な点。ここまでスタイリッシュ、コンパクトに弊害なのか↓
2014-04-29(9).jpg
↑記録メモリーはmicroSDカードです。これは主にUSBケーブルを使わず、SDカードでPCとのやりとりをするタイプの私にはすこし残念。

今回のレビューでは撮影した画像については上げないことにします。ですが、まあそこそこの画質です。
もちろん、手持ちで夜景モードなど興味深い機能がありますが、それらについてはほかの多くのサイトでご覧いただけます!
一例を挙げますと、コチラとか→ソニーDSC-TX30 使い倒しレビュー&作例集
拡大鏡プラスや手持ちで夜景モードなどを使った作例が豊富です。また基本的な使い方等ものっているので購入後にも役立つかも。

以上、DSC-TX30のレビューでした!(投げやり)

SONY サイバーショットDSC-TX30


・センサー:1/2.3型 Exmor R CMOSセンサー
・有効画素数:1820万画素
・レンズ:カールツァイス「バリオ・テッサー」 広角26mmから5倍ズーム
・ディスプレイ:3.3型122.9万ドットエクストラファイン有機EL
・大きさ:96.4 x 59.3 x 15.4mm
・重さ:約140g
・スタイリッシュなデザイン。
・防水、耐衝撃設計。
・手持ちで夜景モード、拡大鏡プラスモードなどオリジナルの機能が充実。
・秒間10コマの高速連写。


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる





スポンサーサイト

×使える!iPad用の風呂ぶた Apple iPad Smart Cover

064.png

みなさんお久しぶりです。管理人のムスタイでございます。

さて、今日は春の大アップ祭2回目でございます。

ムスタイは新たに大学生活が始まり、いろいろと忙しいので今回はいつもよりコンパクトにお伝えいたします。

さて、今回紹介するのはコチラ↓

今回レビューするもの 



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

Apple純正、iPad Smart Coverです!

実はこれ、結構有名なものでして、ネットではその見た目から風呂ぶた、などと呼ばれておるのです!ですから今回、タイトルもそのようにいたしました。

さて、↑のリンクは私が普段愛用しているiPad2と、その後継のiPad3用のものですから、iPad AirやiPad mini用とは違いますからご注意を。

では、早速レビュー行ってみましょう!

iPad Smart Coverのレビュー


2014-04-09.jpg
↑商品の外観はこんな感じ。私はブルーを選びましたが、ほかにもこんなにバリエーションがあるんです。

以下、すべてiPad2&iPad3用
    
(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

2014-04-09(1).jpg
↑本体に装着してみたようす。本体側の磁石と、Smart Cover側の磁石で近づけるとパチッと音がしてくっつきます。非常に簡単で、しかも簡単に外れてしまうことはありません。

3-71.jpg
さらにすごいのは、このSmart Coverを閉じると自動的にiPadがスリープ状態になり、Smart Coverを開けると自動的に起動するんです!
裏側は、iPadの画面をきれいにするマイクロファイバー。

2014-04-09(2).jpg
↑このようにスタンドにもなります。こうすればタイピングなどのさいに最適な傾斜です。

2014-04-09(3).jpg
↑もちろん、このように急な角度のスタンドとしても利用できます。これがあれば、デジタルフォトフレームとかいりませんね!
あと、キッチンにおいておいて、レシピを表示させておくのにも使えそう。かなり使い方は広がります!

iPadを使っているユーザー必見の商品です!もちろん、最新のiPad Airやi Pad mini用のものもございますから探してみてください!

Apple iPad Smart Cover(iPad2&iPad3用)


・大きさ:26.4 x 13.5 cm
・重さ:272g
・裏地にマイクロファイバーを使用。
・開くと自動でスリープから復帰。
・折りたたむことで便利なスタンドへ。

メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



×高級イヤホンはここが違う! SONY XBA-H1

063.png

みなさん、お久しぶりです。ムスタイでございます。

さて、今日はムスタイのおトクがいっ!春の大アップ祭の初回ということで、張り切ってレビューいたします!

今回、ひょんなことから価格.comでも1.4万円もする高級イヤホンを友人から非常に安く譲り受けることができました!

まあ、たかがイヤホン、されどイヤホンでございまして、10万円近いイヤホンを使っている友人から、950円のイヤホンを使っている友人まで様々でございます。

ムスタイはオーディオはど素人でございまして、普段使っているのも、iPhoneでございます。

ですから音質などのレビューは、こんな弱小サイトではなくて大手レビューサイトをご覧ください。

ですが、しかし!!「弘法、筆を選ばず!高級イヤホン、再生プレーヤーを選ばす!」でございます。
(↑なんだそりゃ?)


きちんとしたイヤホンならば、iPhoneであろうともはっきりと違いがわかるはずです。

ではレビューいってみましょう↓

今回レビューするもの



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

SONYのXBA-H1というイヤホンです!

実はこのシリーズ、ほかにもXBA-H2、XBA-H3という兄貴分がいて、H3に関してはなんとAmazonで3.2万円!!なのですが、H1でも十分高級イヤホン。
レクサスのどのグレードかというだけで、レクサスはレクサスです。(←??)

まあ、買ったんじゃないんですけどね・・・・・・。

では”外観を中心とした”商品レビューです↓

XBA-H1のレビュー


2014-04-01.jpg
↑箱。いつものSONY製品らしいデザインです。

2014-04-01(2).jpg
↑と、思ったらこんな内箱が!
高級感ありまくりです!

2014-04-01(3).jpg
↑付属品。ハイブリッドイヤーピース(SS、S、M、L)とシリコンイヤーピース(S、M、L ※この写真にはありません。)コードアジャスターと専用ポーチ。
専用ポーチは高級感があって、安い製品についてる巾着袋とは格が違います。

2014-04-01(4).jpg
↑本体側面には、金色の「XBA-H1」の文字が!かっこいい!

2014-04-01(5).jpg
↑コードは片面が赤、片面が黒の”きしめんコード”。からまりにくいセレーションコードです。

2014-04-01(6).jpg
↑イヤホンジャックは、L型の3.5mmステレオミニピンジャック。当然ですが金メッキ。

2014-04-01(7).jpg
↑本体の外観。やはりかっこいいですね。高級イヤホンにはそれなりの理由があるようです。


そうはいっても皆さん気になるのは音質!
そこでiPhoneを使って簡単に聞き比べてみました。

もちろん、このようなライトユーザーを想定していますので、こだわりを持つ人は、きちんとした大手サイトのプロのレビュワーの感想をご確認ください。

で、感想は・・・

一言で言うと、非常にクリア!

iPhoneなどでもその高音質は十分感じ取ることができます。とくに中低音むきのドライバーと中高音むきのドライバーの二つを搭載したこのシリーズは全体的にバランスよく、極端に重低音を強調したものでなくていい感じ。

また、ハイブリッドイヤーピースを使用した場合でも、安いイヤホンに比べて非常に遮音性が高いです。そのため、歩行中などにつかうのは大変危険!

シリコンイヤーピースは装着感が上がるため、遮音性が高くなりますが、耳が痛くなりやすいようです。
ムスタイには違いがわかりませんでしたがw

といっても、あくまでこれは個人の感想なので、参考程度に考えて、やはりイヤホンを買う際は店頭で視聴されることをおすすめします。

SONY XBA-H1


・最大入力:100mW
・インピーダンス:40Ω
・再生周波数:5Hz~25000Hz
・コード長:1.2m
・重さ:7g
・ハイブリッドイヤーピース(SS、S、M、L)とシリコーンイヤーピース(S、M、L)の二種類が付属。
・BAドライバとダイナミックドライバの二つによってバランスのよいサウンド。
・絡まりにくいセレーションコード。
・ポーチ、コードアジャスター付き。


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。