×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×9000円のヘッドフォンと3000円のイヤホン SONY MDR-EX220LP,MDR-ZX700

058.png

さて、今回のブログテーマはイヤホン!というわけで、私が今回新しいイヤホンを買ったので、そのレビューとヘッドホンとの比較などをお届けする予定です。

さて、今回イヤホンを買ったいきさつを。
ムスタイは少し前からずっとヘッドホン派です。
その前までイヤホンは長時間耳に付けていると、耳が痛くなったり、コードが絡まりやすかったり、結局すぐに壊れたりといった具合で、あまり好感が持てませんでした。

そこで、高級なイヤホンを買おうと決心したのですが、その時!気づいたのです!

高級イヤホンって!高っ!

だったらヘッドホン買おう。

となったわけです。そこで、購入したのが、SONYのMDR-ZX700。当時は音質と10000円以下というコスパで結構人気の新商品でした。


MDR-ZX700。(クリックするとAmazonのページへリンクします。)


それを買って家に帰って聴いてみたら、思わず涙が………。

今まで俺は、何を聞いていたんだろう………。

ま、そんなわけで、多少かさばりますが、音楽などをヘッドホンで聞いていたましたが、高3になりどんどん持ち物が多くなる中、バックのスペースを圧迫。遂に先日の事業仕分けで、荷物が重いときようにイヤホンを購入することに………。

じゃあ、いつ買うか?

今でしょ!


で、ヨドバシマルチメディアアキバのイヤホンコーナーで聴きまくってきました。

今回買ったもの



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

SONYのMDR-EX220LPというカナル型イヤホン。ヨドバシカメラで2800円という価格ながら、新開発の大口径13.5mmのドライバーユニットを搭載するなど、音質、デザインにもこだわった商品です。

ちなみに、ほぼ同じ価格ののSONYのイヤホンに、重低音を強調したSONYのEXTRA BASSシリーズの商品もあったが、かなり重低音が強調されていて、私の聴く曲には合わないと判断しました。

さあて、ではまずレビューです。

MDR-EX220LPのレビュー



2013-05-28 (8)
まずは外装。シンプルな箱に入っています。

2013-05-28 (10)
か、カッコイイ!
デザインはSONYらしくかなりオシャレ。このへんはPanasonicとは違います。(←失礼)

2013-05-28 (3)
コードを巻くことで、コードの長さを調整するやつ(名前が分からん!なんかコードアジャスターだった気がするが・・・・・・。)も付属。

2013-05-28 (9)
イヤーピースはSS、S、M、Lの4種類が付属。しかもサイズごとに色が違うんです!

2013-05-28 (4)
先端は金メッキ使用の3.5mmステレオミニプラグ。L型なので、側面に差し込み口があるデバイスでも使いやすくなっています。

2013-05-28 (5)
写真では分かりませんが、絡まりにくいセレーションコードを採用。コード表面に溝をつけることで、摩擦を減らしているます。

実際使ってみると、絡まったときにスルスルと外れるのがわかる!

この価格帯の製品にも細やかな気配りができてますね~。


さて、次は肝心の音質です。

MDR-EX220LP vs MDR-ZX700 素人による音質比較レビュー



それではヘッドホンMDR-ZX700と比較してみましょう。

ヘッドホンは圧倒的なドライバーユニットの大きさという強みを生かして音質で差を付けられるのか?
楽しみです!

細かなレビューは各種専門的なサイトを御覧ください。ここでは、一般ユーザーが多く利用するスマートフォンでの使用の際に、一般ユーザーでも聞き分けられるほどの差が出るのか、のみを検証します。

でも、このテストって、イヤホンの音質が余りにもいいと、ヘッドホン使ってた身としてはがっかりだし、だからといってヘッドホンの圧勝だと、「それでも3000円も払ったのにっ!」ってなる、ムスタイ君には全くメリットのない比較です。

その前に二つの製品を比較してみましょう!

MDR-EX220LP
2013-05-28 (2)
・ダイナミックドーム型
・ドライバーユニット:13.5mm、ドーム型
・再生周波数帯域:5Hz-25,000Hz

MDR-ZX700
2013-05-28 (7)
・密閉ダイナミック型(耳覆い型)
・ドライバーユニット:50mm、ドーム型(OFCボイスコイル採用)
・再生周波数帯域・5-40,000 Hz

さて、CD音源の音楽をXperia acroで再生して、独断と偏見で採点します。

結果はこちら↓

MDR-EX220LP
しっかりした音で、全体的によく聞こえるが、一部の音は耳に刺さる。低音域はMDR-ZX700よりも強い感じ。
安いイヤホンとは比べものにならないほど高音質だが、ZX700と比べると、解像感が低いのが分かる。
ZX700で効いた後にEX220LPで聞くと、少し低音質の音源を聞いているように感じる・・・・・・
でも、比べなかったら分からないほどのディティールだけどね!

MDR-ZX700
さすが、ヘッドフォン。音の解像感はかなり高く、特に中~高音域はスマホで聞くなら、もうコレが最強(たぶん)。低音はかなり押さえられる感じ。またEX220LPに比べると耳に刺さる感じも無く、少しマイルド・・・・・・
まあ、高いから当たり前だけどね!

というわけで結果、どちらもコスパ良。となりました。

基本的に電車の中とかで聞く場合、周りの騒音もあるので、はっきり言ってMDR-EX220LPで十分です。それでも今まで1000以下のイヤホンをしていた方には、かなり変わると思います。


というわけで、はじめてのオーディオ関係のレビューでした。いや~難しいわ。

SONY MDR-EX220LP


・ドライバーユニット:13.5mm
・再生周波数:5Hz-25,000Hz
・コード長:1.2m
・プラグ :金メッキL型ステレオミニプラグ
・重さ  :6g
・新開発の絡みにくいセレーションコード。
・耳から落ちにくい、フィッティングアシスト機構を搭載。
・快適な装着感のイヤーピース。


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる





スポンサーサイト

×梅雨前に対策を!一眼レフをカビから守る! ハクバ ドライボックスNEO 5.5L

057.png


みなさんお久しぶりです。ムスタイでございます。

つい昨日学校の中間試験が終わったばかりであります。実は、みなさまにレビューをお届けしたい商品が相当たまっておりまして、もはや消化ゲーになっている感も否めませんが、早速レビューします。

さて、カメラが好きだけれども学校の試験や予備校の模試などが重なって、なかなか日曜日に出かけられず、カメラをいじることができない欲求不満な方も多いはず。

ところで、カメラを使わない日、皆さんはどのように保管していますか?

え、カメラバックに入れっぱなし?

ダメダメ!そんなことしちゃ!

そうなんです、実はカメラは湿気にとても弱いのです。とくに、レンズは風通しの悪いところにずっと置きっ放しにしておくとカビが生えてしまいます。

しかもそれが肉眼で見える頃には、すでに手遅れ。たいていの場合、レンズを新たに買った方がいいぐらいの修理費がかかってしまうそうです。

それを防ぐ簡単な方法は、できるだけこまめに使ってやること。ですが、なかなかそうも行きません。

また、防湿庫という専用の棚も売っていますが、さすがに高すぎてそこまでする必要はないと感じる方も多いと思います。

そこで、手軽に、ですがカメラバックよりは非常によい保管方法、それがコチラ↓

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

ハクバのドライボックスNEO 5.5Lです。ドライボックスというのは、行ってみれば、大型のタッパーみたいなもの。そのふたの裏側に乾燥剤を入れる部分があり、付属の乾燥剤を使うことによって、中の湿度を低い値で保つことができるものです。

ドライボックスの利点はなんと言っても値段でしょう。非常の安価なため、カメラ機材が増えるにつれ、どんどん買い足していくことができます。

さて、ではレビュー行ってみましょう。

ハクバ ドライボックスNEO 5.5Lのレビュー



2013-05-19 (2)
まずは外観です。一見すると普通のタッパーのようです。

2013-05-19 (3)
中身を開けるとこんな感じ。ふたにはパッキンが有り、本体と密着して機密性を高めています。また、ふたの裏側には乾燥剤を入れる白い箱が有り、付属の乾燥剤を入れることで使用可能です。

実際に使っていないから分かりませんが、乾燥剤は長期間使用可能上、比較的安価で購入できます。

2013-05-19 (4)

D7000との図。意外に本体は小さいのが分かります。

5.5Lってでかそうに見えるけど、だまされないで!

2013-05-19 (1)
実際に入れてみました。D7000に18-105mmをつけた状態で、ほかに70-300mmと50mmのレンズを入れることができましたが、これで目一杯です。

しかも箱は意外に浅く、端に寄せないとD7000が乾燥剤を入れる部分に引っかかってしまい、うまくふたが閉まりません。
あと、クイックシューをつけた状態での収納もできませんでした。

というわけで対応カメラサイズとしては、D7000以下となりそうです。キャノンの7DやニコンのD600は無理だと思う。

でもサイズからして、基本的にはミラーレスや小型の一眼レフユーザー向けの商品のようです。

もうすこし深いサイズにして欲しかった・・・・・・。


カメラが壊れることを考えれば、ドライボックスは非常に安い選択です。手軽に防湿対策をしたいというあなた、日本が梅雨に入る前に是非、購入されることをお勧めします。


ハクバ ドライボックスNEO 5.5L


・容量:5.5リットル
・外寸:330(W)×220(D)×135(H)mm
・内寸:250(W)×175(D)×105(H)mm
・乾燥剤:5g×2個
・安価で手軽にカメラをカビから守れます。

メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



×一眼レフで撮った写真をiPadで確認! EC-MART 2in1 カメラコネクションキット

056.png

おひさしぶりです。ムスタイでございます。

もう高校3年ともなり、明日は大事な大事な模試であるにもかかわらず、『探偵はBARにいる2』を観てきて、さらにブログの更新までしているムスタイでございます。

実は最近父親からiPad2を貰いました。というのも、父親は新たにiPad miniを買ったらしく、一度miniの便利さに気づいてしまうと古いiPad2はいらないからという事らしいのですが。

さて、せっかくのiPad。普通に家でネットを楽しむだけではモッタイナイ!

そこで、一眼レフで撮った写真をその場でiPadの大きな画面を使って確認できれば、人に見せる時とかにも役立つじゃん!と思いついたわけです。

はい、今回買ったのはこちら↓

今回買ったもの



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

EC-MARTの2in1カメラコネクションキットです。(どうやらEC-MARTはブランド名らしい。)

この商品、なにが2in1かというと、USBとSDカードの両方をiPadへつなげることができるのです。Apple純正のものはUSB用とSDカード用別々に用意されており、しかも比較的値段も高い(3980円)ということで、こちらの商品は非常に便利です。ちなみに、純正のApple iPad Camera Connection Kitはコチラ

USBのほうはPC用のUSBキーボードをiPadで使う際などのためだそうですが、Bluetoothという物がある時代にどこまでの需要があるのか・・・・・・、さっぱり分からない。

では、さっそくレビューに参りましょう!

2in1 カメラコネクションキットのレビュー



2013-05-12 (2)
本体はこんな感じのデザイン。どうです!すばらしくないですか? (←どのへんが?)

2013-05-12 (1)
説明書にはまさかの記載が! 実におもしろい。 (←言いたいだけ)

2013-05-12 (3)
SDカードはここまでしか入りませんが、全く問題はありません。

2013-05-12 (4)
後はiPadに挿すだけ。自動的に取り込みの画面が開きます。
(ちなみにSDカード内のDCIMのフォルダ内にさらに小フォルダがある場合には読み込めないそうです。)

2013-05-12 (5)
「すべて取り込む」をポチれば完了です。

2013-05-12 (6)
取り込んだ写真はカメラロールで確認できます。もちろんその他のアプリケーションを使って加工したり、SNSに投稿することもできます。

ここで注意!
2013-05-12 (7)
本体側面にちっちゃな切り替えスイッチがあり、SDカードを利用する場合とUSBを利用する場合で切り替える必要があります。

2013-05-12 (8)
それにしても非常によい製品でした。見比べれば分かるとおり、カメラの液晶とiPadではピント確認も含め、できることが段違い!撮った写真をその場でみんなで観るのも簡単にできます。そう、iPadならね。

EC-MART 2in1 カメラコネクションキット


・対応カード:SD/MicroSD
・重さ: 約20g
・対応OS:最新iOS6.0.1まで対応
・iPad/iPad2/iPad3本体より給電 PCより給電。
・カード/USB 機能切替スイッチ付き。
・iPadおよびPCのSDカードリーダ、iPadおよびPCへのUSB機器の接続が可能です。

メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


×書き心地最高!0.3mmシャーペンの決定版!

055.png


たまには家電製品以外のレビューもお届けしようかな、なんて思っているムスタイでございます。

受験生だと言うことを忘れてブログ更新に励んでいく所存でございます。

さて、我々高校生にとっての仕事道具と言えば、シャープペンシル。

私は数年前から0.3mmのものを愛用しおります。シャーペンのシェアは0.5mmが圧倒的に優勢ですから、0.3mmユーザーというのはたとえるならば、Windowsに対するMacといったところでしょうか。

ですが、0.3mmにもいいところがたくさんありまして・・・・・・・・・(割愛)・・・・・・。

ちょっと今まで使っていたシャーペンが古くなってきたので、新しいの買ってみました。

今回買った物






(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

ぺんてるのGRAPH 1000 FOR PROという製図用シャーペンです。

「FOR PRO」ってのがいいですね!

いままでその書き心地ゆえんに愛用していたぺんてるのGRAPH 600の上位版でしょうか?

このGRAPH 1000はプロにも愛用され、累計1000万本を売り上げたロングセラー商品なのであります。

ではレビュー行ってみましょう。


GRAPH 1000のレビュー


2013-04-30 (6)
まずはこの洗練されたデザイン!その辺の"ヤスモノ"とは一線を画しています。ノックする部分に入っている茶色のラインがまたおしゃれ。

2013-04-30 (2)
グリップは太すぎず、細すぎず。また、GRAPH 600と違い握っていても痛くなりにくい設計。また、芯を出す部分も少し長めで、描いている部分が見えやすくなっています。

2013-04-30 (1)
後ろには「JAPAN」の文字が。いいですね。

2013-04-30 (4)
もちろん消しゴムもついてます。消しゴムの裏側に刺さっている針金のような物は、芯が詰まったときに出すもの。0.3mmのシャーペンではよくみかけます。

2013-04-30 (3)
ほかの0.3mmのシャープペンシルとの比較。右がZEBRAのTECT、中央がGRAPH 600。このほかに三菱鉛筆のクルトガなどを使ってきましたが、デザイン、書き心地両面で、今回のGRAPH 1000が圧勝。

とくに書き心地は、ちょうどいい重さと重心位置のおかげで、チョー気持ちいい! (古っ!)

GRAPH 600は若干重心がずれているのと、グリップが堅いのが難点でした。
また、ZEBRAのTECTはフリシャー機能が付いていたのですが、全体的に軽すぎ。また、クルトガは書き始めのクニッってなる感じがあまり好きじゃありませんでした。

みなさんも、シャーペンなんてどれでもいいや、なんて思わず、是非是非試してみてください。

ぺんてる GRAPH 1000 FOR PRO


・芯:0.3、0.4、0.5、0.7、0.9mm
・筆記箇所が見やすい0.4mmの先端パイプ。
・描きやすい低重心設計。
・握りやすい18個のラバーリブを採用したグリツプ。


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。