×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×手軽にカメラ保護!  ハクバ カメララップM

052.png


お久しぶりです!ムスタイです!

期末試験がおわり春休みに入ったのですが、なかなか更新できなくてすいません。来年度は高3なのでさらに減るかもしれませんが・・・・・・。

さて、皆さん一眼レフの持ち歩き、どうしてますか?

多くの人がカメラバックを使っていると思います。ですが、たまには鞄の中に一眼だけ入れて持って行きたいときもあります。

とくにパーティーなどに出席するときなどは、わざわざカメラバックを持たずに普通の鞄に忍ばせたいもの。

そこで、ちょっとおもしろい商品のご紹介です。

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします)

ハクバ写真産業のカメララップMです。

こちら風呂敷のようにカメラやレンズなど包んで、普通の鞄に入れた際などにカメラを保護するための物。

いやあ、jetdaisukeさんというYouTubeで有名なビデオブロガーさんが紹介しているのを見て、前からいいなあ、と思っていた商品です。

さっそくレビュー行ってみましょう!

カメララップMのレビュー


まず外装はこんな感じ↓
2013-3-23 (3)
このブログを始めてから英語のパッケージのものもよく買いますが、いやぁ、日本語っていいね!

↓本体は風呂敷と似ていますが、カメラをくるんだあと留めるためのゴムが付いています。
2013-3-23.jpg

では、さっそくくるんでみましょう。

↓今回はNikonのD7000というカメラに18-105mmの最もよく使う標準ズームレンズをつけてやってみます。
2013-3-23 (1)

まずカメラを風呂敷中央に置き、左右からつつみ、続いてカメラの後ろ、そして最後にレンズの側から来るんでゴム紐でパチンととめると完成↓
2013-3-23 (5)

5秒ぐらいでできました。カメラレンズのつつみかたの手順はパッケージの後ろにイラスト付きで掲載されていますので、ご安心ください。

↓ゴムの部分はカメラの大きさなどに合わせて絞れるようになっています。
2013-3-23 (4)

↓裏地はマイクロフリースというモコモコの素材でカメラやレンズが傷つきません。
2013-3-23 (6)


さて、このカメララップ、カメラバックと比べてどのような利点があるのかまとめてみました↓

ここがスゴイ!カメララップ


1、かさばらない
カメラバックと違って、鞄の中にも収納可能。使わないときは折りたたんでおけるので、写真撮影がメインでないイベントに持って行くときなどに最適。

2、汎用性が高い
風呂敷型で自由度が高く、カメラやレンズ以外の物を包むのにも使えます。また、屋外のベンチなどでのレンズ交換やメンテナンスの際に下に敷くなどの使い方も。

3、安い!
Amazonで1000円を下回る価格。一眼レフを買ったばっかりの初心者などで、いろいろ買う物が多くて大変だ、と思っている方、まずはカメララップをつかって、普段の鞄で持ち運ぶというのはどうでしょうか?
また、安いため複数枚買って、いろいろ使い分けることも可能。

4、撥水加工で雨でも安心
防水でないカメラバック(Amazonのスリングバックなど)をお使いの方でも、カメララップにくるんでからバックへ入れれば、水滴からカメラを守れます!


いやあ、一石四鳥ですね!とくにこの商品に限っては便利なことだらけで、欠点が見つかりません。もちろん、補助的な役割で、完全に信用するわけにはいきませんが、コレにくるだけで、安心感が違います。

また、いい買い物でした!


ハクバ カメララップM


・サイズ:W480×H480×D4mm
・重さ:約70g
・材質:ナイロン、ポリエステル
・表面は撥水加工、裏面はマイクロフリース生地でカメラを水滴や傷からガード。
・大きめのサイズで様々な機材に対応


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる




スポンサーサイト

×Androidのスマホ高速化計画  SanDisk mobile Ultra microSDHC 16GB

051.png


Androidのスマホってライブラリ遅くない??

どんな書き出しだよ!と思われた方も多いと思います。

ですが、コレは事実なのです。

私が使っているXperia acroも、ライブラリなどの読み込みがとても遅い!!

その原因はAndroidスマホが、写真などのデータを外部のマイクロSDカードに保存しているから。

これにはメリットもあり、SDカードを変えることで、気軽に容量を変えられるので、iPhoneのように8GBモデルを買ってから、容量が足りない!なんてことにはなりません。

しかし、このように読み込みが遅くなってしまうという、デメリットもあるのです。

これは、外部のメモリーを使うAndroidスマホの宿命だと思っていたのですが、ふと何気なく今まで使っていたマイクロSDカードを見ると、、、

2013-2-28 (4)

ク、ク、クラス2だと??

そう、なんとこのはじめから付いてきたマイクロSDカード、クラス2だったのです。これはSDカードの読み込みを速度を表す指標で、クラス2は最も低速。。。

そうか、そうだったのか・・・・・・、じゃあ、SDカード変えれば速くなるじゃん!

というわけで、『Androidスマホ高速化計画』の内容は、至って簡単。もし、べつのことを期待していた方がいたら、ごめんなさい。


今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

SanDiskのmobile Ultra microSDHCカードの16GB。ちなみにclass6ですが、最大通信速度は30MB/sで、スマートフォンに最適化されたマイクロSDカードです。
さらに、SanDiskというメーカーの信頼性、防水、耐温度、耐衝撃、耐X線仕様、安心の保証制度・・・・・・。

他社製品と比べて若干割高ですが、大切なスマートフォンで使う、ということを考えると最高のコストパフォーマンスかもしれません。

SanDisk Ultra Mobileのレビュー


まず外装はこんな感じ。すべて英語のパッケージでした。(並行輸入品か?)
2013-2-28 (2)

そしてフェラーリを彷彿とさせるかっこいい外観(??)
2013-2-28 (1)

もちろんSDカードとのアダプターも付いてきます。
2013-2-28 (3)


データの移行は至って簡単(時間はかかりますが)。まず、古いマイクロSDカードのすべてのファイルをPCにコピー。そして、新しいマイクロSDカードに移すだけ。

また、古いカードは捨ててしまわず、バックアップとして保管しておくことをお勧めします。


さて、皆さん気になるのは、そんなことよりも肝心のライブラリなどの読み込みスピード。

というわけでこちらをどうぞ↓

新旧SDの速度比較



(YouTubeで見る)

ね?ね?すごくない? えっ?前がひどいだけ?

まあいいや。とにかく速くなりました。

いや~もっと早く導入すればよかった・・・・・・。


Androidスマホをお使いの方で、ライブラリが遅い、と思っている方、QuickPicなどのアプリで少しは改善されますが、根本的に変えたいなら、マイクロSDを高速のものに買い換えるのもいい手かもしれませんよ。


SanDisk mobile Ultra microSDHCカード


・容量:4GB、 8GB、16GB、32GB
・転送速度:最大30MB/秒
・SDスピードクラス:CLASS 6
・無期限保証つき。
・SD変換アダプタ付属。
・安心の防水、耐温度、耐衝撃、耐X線仕様。
・フルHDの動画撮影も可能。


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。