×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×雨の中で写真を撮る! OP/TECH USA カメラ用レインカバー RAINSLEEVE

048.png


お久しぶりです。

先日東京でも大雪が降りましたね。私が住んでいるところでもかなりの雪が降り、こんな雪が見られるチャンスは滅多にない!と思い、どうせならカメラで撮影しておこう!と思ったのです。

そこで困るのが、雪でカメラが濡れてしまう、ということ。

最近では防塵防滴のカメラが増えていますが、それでも高価な一眼レフはなかなか雨や雪にさらしたくはありません。

傘を差すのもありですが、一眼レフの場合は両手を使いたいので厳しい。

そこで、Google大先生に教えを乞うたところ、シャワーキャップをかぶせるのがよいとか。

しかし、なかなかそう簡単にシャワーキャップがあるわけではありません。そこで、さらに調べていくと、ゴミ袋を使った、簡単な雨でも撮影できる方法を発見。

とりあえず、当日はコレでしのぎました。ですが、この方法はゴミ袋の中に自分まで入るので、通行人に結構見られます。また、ゴミ袋が半透明でなかなか使いずらい。

しかし、とはいえ、一応ゴミ袋を使った一眼レフカメラの雨対策をご紹介します。

ゴミ袋を使った雨対策


2013-01-17 (4)
用意するのは、家庭用のゴミ袋、輪ゴム、はさみの3つだけ。

2013-01-17 (5)
まずゴミ袋の底の一つの角を穴を開けるように切り取ります。

2013-01-17 (6)
その穴にレンズが通るように、三脚に設置した一眼レフカメラにかぶせます。その際レンズは最も長さの長くなる望遠側にしておくといいです。

2013-01-17 (7)
先端の少し手前で輪ゴムを使ってレンズにゴミ袋を固定します。コレをしないとズーム操作などをしているうちにどんどんずれてしまいます。

2013-01-17 (9)
あとはレンズキャップをはめれば完成!撮影時は自分がゴミ袋の中に入って、ファインダーをのぞいたりします。
残念ながら半透明のゴミ袋では液晶画面も見れないので、ライブビューも不可能。

こんな大変な思いをして取ったのが下の写真↓
2013-01-17 (17)

すごい寒さと雪とゴミ袋のせいで、構図やWBを調整する余裕はありませんでした。

さて、そんな苦い経験をした私が今回目をつけたのはコチラ↓

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

OP/TECH(オプテック)のRAINSLEEVEです。

この商品写真からもわかるように、使い方は説明するまでもありません。

この商品、なんと言っても価格が安いのです。

2枚入りで980円!!

通常レインカバーというのは3000円を超えるような物ばかり。たとえばNikon純正のレインカバーは、3600円!

(Amazon)
そのほか10000円近くする物もあります。もちろん高い製品にはそれなりの理由があり、防寒用のカイロを入れるスペースがある、など便利な物もたくさんあります。

しかし、もともとシャワーキャップで済まそうという多くのカメラユーザーにとってはあまり魅力的ではありません。

なぜなら雨などに撮影する機会がとても少なく、どうしても必要というときだけ使いたいからシャワーキャップを使っているので、そこまで高い製品を買っても無駄になってしまうという心配があるのです。

また、普段から持ち歩けるようなコンパクトな物がよい、というのもシャワーキャップの根強い人気につながっているのです!

そこでこのRAINSLEEVE。一見チープに見えますが、専用品だけあって無駄がなくしかもシャワーキャップよりも遙かに耐久性があります。

RAINSLEEVEのレビュー


2013-01-17 (1)
まずは外装。

2013-01-17 (10)
裏面に使い方の説明が載っています。英語ですが写真を見れば一目瞭然。

2013-01-17 (11)
コレが本体。2枚入り。

2013-01-17 (13)
カメラにかぶせたところ。ゴミ袋とは、もう・・・・・・・・・、なにもかも違います。

2013-01-17 (12)
レンズの口径に会わせて絞れるようになっています。おそらく相当な大口径レンズにも対応していると思います。

2013-01-17 (3)
ゴミ袋では不可能な手持ち撮影も可能。

2013-01-17 (14)
そしてうれしいのがこのファインダーがのぞける、という構造。ビニールに開いた穴にファインダーを通し、上からアイキャップをつけることで、ビニールを挟み込んで固定しています。

2013-01-17 (2)
また透明度が高いため、液晶モニターを使ったライブビュー撮影も、可能。

これだけ高機能なのに、折りたたむと、本当に小さくなるのがいいですね。

いやぁ~久しぶりにいい買い物した!


OP/TECH RAINSLEEVE


・対応レンズ:17.8cm(口径)×45.7cm(長さ)以内
・個数:2個入り
・一眼レフカメラ用レインカバー。
・三脚時も使用可能。
・ファインダーを出すための穴を装備。またライブビュー撮影も可能。
・下から右手を入れて撮影できる。


Amazonで価格を調べる



ところで、先ほどから写真に登場する三脚、どう見てもビデオカメラ用ではありませんね?

さて、あれは何なのか?・・・・・・・・・つづく。

スポンサーサイト

×カメラのお手入れコレ一枚! King レンズクリーニングティッシュ

047.png


お久しぶりです。

さて、一眼レフを買ってからしばらくになり、だいぶいろんな写真を撮ってきました。

一眼レフで大切なのは撮影後のお手入れ!

特に高価なものはお手入れが大切です。

一眼レフなどのお手入れで最も有名なものはブロアーと呼ばれるものでしょう。

こんなの↓

(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

これは丸いゴム球を握ることで空気を勢いよくだし、埃などを吹き飛ばすものです。

あとは友達の耳の穴に向けて発射する目的にも使えます。


さて、ですがレンズ表面についてしまった汚れや後ろの液晶画面の指紋などはどうでしょうか?

さすがにブロアーだけでは落とせません。そこで眼鏡ふきのような布で軽く拭いてやるわけです。
(この際、ブロアーで先に埃を落としておかないと、拭き取るつもりでも埃がすれて傷がついてしまいます。)

それでも落ちない場合は、専用の洗浄液を使うわけです。

でも、洗浄液は持ち歩くのめんどくさい、そんなあなたにコチラ↓

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

Kingのレンズクリーニングティッシュです。

こちら50枚入りで、あらかじめ洗浄液が浸っているウエットティッシュです。しかも個包装となっているので、2、3個カメラバックに入れておけばいつでも使えるのです。


レンズクリーニングティッシュのレビュー


2013-01-13 (2)
こんな感じのかわいい個包装です。

2013-01-13 (1)
あけて広げてみると結構大きくなっています。右には比較用にみんなのアイドル、MAXホチキス針。

使ってみた感じはやはり便利ですね。うっかりレンズ表面を触ってしまった場合にも、さっと拭き取ることができます。

ですが、レンズを拭いただけではまだまだ液が残っていてもったいないので、その後裏の液晶画面や眼鏡、スマホなどを拭いたりしています。
さらにレンズのズームリングなどをふくと、結構汚れが取れたりします。

いや~ホントいいわ~。


King Photo Style レンズクリーニングティッシュ


・枚数:50枚
・材料:アクリル系超極細繊維不織布+精製水+界面活性剤
・サイズ:13×15cm
・ノンアルコールで帯電防止効果あり
・拭き跡がのこりにくい


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


×D7000でつくるタイプラプス動画  Nikon D7000

046.png


突然ですが皆さん、タイムラプス(Time Laps)ってご存じですか?最近ではインターバル撮影などという名前で、デジタルスチルカメラやビデオカメラなんかのおまけ機能としてついているものも多いです。

タイムラプス?何それ?美味しいの?というみなさん、百聞は一見に如かず。まずはこちらをご覧ください。

私が秋葉原をモデルに撮影した人生初のタイムラプス動画です。


(YouTubeで見る)

タイムラプスを日本語で超微速度撮影というのもわかりますね。このように長い時間を高速で見せることで、見慣れた風景を非現実的で芸術的なものに変えることができるのです。

でも、ビデオカメラの動画の100倍速とはちょっと違うんです。よく見ると一つ一つのコマで光跡が見えています。

つまり一つ一つのコマはシャッタースピードの遅い写真をつかい、それらで動画を作ってるんです。だからこんな不思議な世界になるのです。


タイムラプス動画にはいろいろな作り方がありますが、今回はデジタル一眼レフカメラNikon D7000を用いた方法を説明します。

(D7000以外のカメラでも当然できます。またiPhoneアプリもありますので、そちらで手軽に撮影することも可能です。)

D7000のようにインターバルタイマーが内蔵されているカメラの場合、タイマーをセットしておけばカメラが一定間隔で自動にシャッターを切ってくれますが、そうで無い場合は外付けのタイマーを使うか、自分の手でwww


D7000を使ったタイムラプスの撮影法


1、準備するもの

三脚、カメラ、あとできればNDフィルター。

2、実際に撮影しよう

まず、ポイントに三脚を立てカメラをセットします。
この際に長時間同じ場所に立てるので、通行人の邪魔にならないようにしましょう。

そして、カメラの調整をします。この際、フォーカス、ホワイトバランス、ISOのようにカメラが自動で変えてしまう設定はすべてマニュアルにしましょう。そうしないと一枚一枚設定が変わり、あとで動画にするとチカチカしてしまいます。

そして、試しに一枚撮って、構図を確認したら、後はインターバルタイマーをセットして撮影開始です。

<通常の撮影と違う設定>
フォーカス:マニュアル
ホワイトバランス:オート以外
ISO感度設定:オート以外
シャッタースピード:好みだが、1/2ほどだと結構おもしろい。日中はNDを使わないと難しい。

画像サイズ:jpegで、一番小さいサイズの小さいもの
撮影後の自動再生:オフ

インターバルタイマーの設定
  撮影間隔:好み。早くすると滑らかになる
  撮影枚数:1秒の動画を作るのに30枚程度は必要。ほしい動画の秒数から逆算。


3、動画に仕上げよう

動画編集ソフトやネット上のフリーソフトなどを使用して、撮影した静止画を動画にしていきます。

今回私はPower Director 10というソフトを使いました。このソフトには手軽にインターバル動画を作れる機能がついており、動画編集にも役立つので重宝しております。

以上ざっくりとですが、タイムラプス動画(インターバル動画)の作り方でした。


(おまけ)D7000でのインターバルタイマーの設定法



2013-01-10 (1)
撮影メニューの中のインターバルタイマー撮影を選択

2013-01-10 (2)
すぐに撮影を始める場合は、即時スタートを選択

2013-01-10 (3)
撮影間隔の設定。写真では10秒間隔。

2013-01-10 (4)
撮影枚数の設定。写真では60枚。よって1秒30コマ換算で2秒分の動画になる。

2013-01-10 (5)
開始を押すと撮影がスタートし、カメラが自動で指定された枚数のシャッターを切る。



いかがでしたか?最近はiPhoneやビデオカメラなどにもついており、結構手軽に撮影できます。ひまわりが太陽を追っかける様子や人混み、雲の動きなどを撮影すると普段と違ったものができるかも。

さて、今回冒頭で紹介した動画の中に、周りの人とは違い不自然に普通のスピードで歩いている人を発見できましたか?

あれは合成では無く、友人に超、超、超ゆっくり歩いてもらっているのです。

実際の90倍速になるので、普通1秒で歩く距離を90秒かけて歩いてもらっています。

町の人からも結構ジロジロ見られていました(笑)

みなさんも、是非挑戦してみてはいかがでしょうか?


ではでは~。

×今年もよろしくお願いいたします!


昨年は、当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

今後もまた、高校生目線でのレビューを続けていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。


ご質問等ございましたら、なんなりとコメント欄でお伝えください。


最後に、12月に撮影した秋葉原のタイムラプス動画を貼って終わりにします。

この動画詳しい撮影方法などは後日レビューします。




ではでは~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。