×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×コスパ最強のカメラバック!! Amazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバック

045.png


さて、今日は一眼レフと同時購入せず、わざわざAmazonで買った商品のご案内です。

なぜ、わざわざそんなことをしたかというと、Amazonベーシックの商品だからです。

AmazonベーシックとはAmazonのプライベートブランド。トップバリューみたいなやつのAmazon版です。この商品価格が安いのが特徴。SDカードなどが有名です。

またAmazonのロゴが入るので、マグカップなども・・・ほ、ほしいっ!!

(クリックするとAmazonのホームページへリンクします。)

という訳で、今回はAmazonベーシックのカメラバックです!


今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

自転車で使える、手軽なサイズで安いバックを探したらこれになりました。

しかし、なかなか使いやすく、しかも下手な安っぽさもないこのバックが1950円。かなりコストパフォーマンスがいいです。またカスタマーレビューでも結構評価がいい。


Amazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバックのレビュー


2012-12-12 (1)

こんな感じの箱に入ってきます。

2012-12-12 (2)

外観はこんな感じ。意外に小さめですが、D7000やEOS 7Dぐらいのサイズの一眼レフカメラと、望遠以外のレンズが2、3本はいりそうな感じ。

2012-12-12 (5)

上の部分にも四角くなったポケットが。ちょうど弁当箱ぐらいのサイズかな?

2012-12-12 (4)

背負う部分にもちゃんとしたクックションが入っていて、いい感じ。

だが、背負ったときに前の方にずれてこないようにする補助のベルトがあったのだが、使わないときはぶらぶらして邪魔なのと、そんなに前の方にずれてこないので、思い切って切断。

2012-12-12 (3)

メインの部屋はこんな感じ。なかは全部の面がマジックテープがつくようになっている。いろんな形のマジックテープの仕切りが5枚入り。

これらを組み合わせて、自分が持って行きたいカメラやレンズ、その他ストロボなどの関連品に最適な形を作り出せる。

ちなみに私はこんな感じ。

2012-12-12(19).jpg

まだカメラ本体とレンズ1本だけなので、ブロアーとかいれてスペース埋めてる。

結構自由度もあり、しかも取り出しやすい!かなりおすすめです。

あしたから、さっそくこのバックにカメラを入れて、撮影に出かけよう~。



Amazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバック


・内寸: 19 X 29 X 14cm
・外寸: 22 X 39 X 15cm
・重量: 680 g
・一眼レフカメラ+レンズ2~3本収納可能なカメラバック


Amazonで価格を調べる


スポンサーサイト

×リモートコード+三脚の最強コンビ Nikon MC-DC2

044.png

また今日も更新します!

さて、ようやく一眼レフ本体のレビューが終わり、これから関連品を。といっても紹介するのは2つだけ。

きょうはそのうち、ポイント使って購入したものを紹介します。

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

NikonのMC-DC2というリモートコード。行ってみれば、遠隔操作でシャッターを切れる装置。

リモコン式のワイヤレスのやつもあったのですが、こちらにした理由は三つ。

一つ目は、リモコン式は電池交換が面倒。二つ目に同じものを使ってる人が近くにいると反応しちゃうらしい。三つ目にシャッターボタンの半押しがリモコンじゃあできないから。

MC-DC2のレビュー


2012-12-12 (8)

小さな箱に入ってます。

2012-12-12 (9)

外観はこんな感じ。

2012-12-12 (10)

シャッターボタンをロックできる。(バルブの時に便利そう。)このとき現れる赤い三日月みたいな部分が、ニコンのカメラと共通してていい感じ。


さて、このリモコン、どのように使うのかというと、主に三脚での撮影時にカメラを触ってぶれることのないようにするためなのです。
そうすれば、全くブレの無い写真が撮れます。

これは夜景や接写などには必須!

ムスタイが使う三脚はDST-43。(詳しくはコチラ

この三脚、スチル三脚には通常ついていない、ボールレベラーがあるんです!
(ビデオ用三脚だからね。)

しかも、スチル用三脚には通常ついていない、ダブルシャンク式の脚で耐荷重が4kg!
(ビデオ用三脚だからね!)

さらにさらに、スチル用三脚には通常ついていない、オイルフリュード雲台で滑らかな動画撮影が可能!
(ビデオ用三脚だからね!!!)

という優れもの。


これらを組み合わせるとこんな感じ↓
2012-12-14.jpg


そして、この最強コンビを使えば、こんな写真が撮れちゃいます↓(クリックするとフォト蔵のページへリンクします。)

2012-12-14 (2)
通常はなかなか撮れない夜景もばっちり。是非リンク先で拡大してみてください!

2012-12-14 (4)
車のライトの光跡。やってみたかっただけ・・・・・・・・スイマセン。


と、長時間露光してもブレずに撮れるのです。

Nikon リモートコード MC-DC2


・対応機種:D600・D5200・D3200・D3100・D5100・D5000・D7000・D90・COOLPIX P7700
・ケーブルの長さ:1m
・三脚撮影時に便利
・シャッターボタンの半押し、ロックが可能。


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


×一眼レフがやってきた!(撮ってきた編) Nikon D7000 18-105mmズームレンズキット

043.png


さて、昨日まででは家の中で喜んでいたわけですが、早速今日、天気もよかったので手賀沼へ行って撮影してきました。

やっぱり平日ということで人は少なかったのですが、何人か撮影している人も見かけました。

みなさんやはり鳥が目当てのようで、長い望遠レンズなんかをつけている人も。

私はもっぱら風景、時々鳥、だったのでキットレンズで十分楽しめました。


カメラ歴3日の超初心者なので、全然うまくはないですが、一応何枚か貼っておきます。

全部RAWで撮影して、付属のViewNX2というソフトで現像してます。

(クリックするとフォト蔵へジャンプします。)

2012-12-13 (1)

2012-12-13 (2)

2012-12-13 (3)

2012-12-13 (4)

2012-12-13 (5)

2012-12-13 (6)

×一眼レフがやってきた!(使ってみた編) Nikon D7000 18-105mmズームレンズキット

042.png


二日連続更新中のムスタイです。

さて、昨日開けるところまでお見せしました。

今回は実際に使ってみて、の感想です。


まず、ファーストインプレッションは、"チョー最高!!"
(ふ、古いっ!!)

今までの電子音とは違い、カシャッというシャッターの音とともに伝わってくる振動。これぞ、「写真を撮る」ということなのではないでしょうか。

いまはスマートフォンのカメラも解像度が増して、「もうスマホで何でも撮れる」なんて思っている人も多いかもしれません。ですが、このカメラを手にして瞬間、そんな考えは吹き飛びます。

設定項目もたくさんありすぎて、すぐには使いこなせそうにもない。説明書も200ページ読破したが残り170ページ。。。

ですが、これを使いこなして撮影できたら、どんなに楽しいか・・・。

さて、実際の操作感や性能などは多くのサイトでプロのカメラマンがレビューしてますので、私のようなドレッドノート級素人(ド素人)は控えさせていただいて、

とりあえず、その無骨でかっこいいデザインをお楽しみください。

D7000のデザインレビュー


2012-12-12 (12)

2012-12-12 (13)

2012-12-12 (18)

2012-12-12 (17)


ね、いいでしょ?

これから、ガンガン使っていく予定です!


×一眼レフがやってきた!(開封編)  Nikon D7000 18-105mmズームレンズキット

041.png


みなさん大変長らくお待たせいたしました。

タイトルからお察しの通り、今回はこのブログ始まって以来の高額商品を購入しちゃいました!

さて、いままで私はコンパクトデジタルカメラしか持っていませんでした。そして、それで十分だと思っていた時期もあります。

しかし、高校生になると、徐々に”カメラ”というものが好きにてなってきたわけです。

そうなると、やっぱりコンデジじゃあ、物足りない。

そして、一眼レフを買うぞ!と決意してから半年、ようやく手に入れました!

きたぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!

あまりに興奮していたので、持ち帰る電車の中で鼻血が・・・。

んんっ!!聞かなかったことにしてやってください。

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

さて、今回購入したの、Nikonのミドルクラス一眼レフカメラD7000。それにAF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VRというレンズがついたキット。

この機種を選ぶに当たり、ほかにもNikon D5100、SONY α57、SONY α65、Canon EOS kiss x6i、Canon EOS60D、PENTAX k-5、PENTAX k-30などと悩みましてね。一時はK-30にしようとまでに決意したのに、その後やはりレンズ資産が豊富なNikonでしかもコスパが優秀なD7000にしたのでした。


今回は開封編ということで、とにかく開けます!

D7000開封レビュー


2012-12-11 (2)

かっこいい箱。高級感がありますね。開封する手が震えています。

2012-12-11 (3)

中にはメーカー保証書(1年)や使用説明書(370ページもある)が入ってます。

ちなみに、わたしはヨドバシカメラでポイント5%使って延長保証に入りました。店員さんに乗せられたのか?

2012-12-11 (4)

それをどけると三つの箱が。左半分を占める白いのがレンズ。穴が開いているのが、バッテリーや充電器、ケーブル類などの関連品。そして茶色いのが本体です。

まずは、関連品など

2012-12-11 (5)

バッテリーのほか、ショルダーストラップ、充電器、USBケーブルなど。

ここでかなりよいと思ったのが充電器。充電器とコンセントをつなぐケーブルは2本の長さがあって、長いのは2m以上ある。そしてもう一つが0m。つまり充電器とコンセントを直につなげられるアダプターみたいなもの。

これは旅行のときとか便利そう。


次はレンズの入った箱へ。

2012-12-11 (7)

レンズ(AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR)とレンズフード、それにポーチまで入ってる。

レンズにはkenkoのPRO1Dというプロテクター(ポイントで買った)をつけました。

(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

2012-12-11 (6)

2012-12-11 (8)

かなり薄型だが、その上からフィルターなどを装着することも可能。ちなみに今回買ったのは67mm径だが、レンズによって径がちがうので間違えないよう要注意。


さて、本体へ。

2012-12-11 (9)

かっ、かっこいい!

Nikonの無骨なデザインがたまらん!


これらを全部組み合わせたところで、今日の記事はひとまずおわり~。

2012-12-11 (10)

また、近日中に続編をアップします。


Nikon D7000 18-105mm ズームレンズキット


・Nikon ミドルクラス一眼レフカメラD7000+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
<Nikon D7000>
・APS-C 1600万画素CMOSセンサー
・39点AFシステム
・視野率100%ペンタプリズムファインダー
・マグネシウムボディー
・防塵防滴
・約132×105×77 mm
・690g(本体のみ)


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



Kenko PRO1D プロテクター 67mm


・超薄枠タイプ
・デジタルマルチコート
・内面反射加工
・ねじが切ってありさらに上からフィルター装着可能


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。