×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×三脚?一脚? 購入日記 番外編 Gorilla Pod

009.png

さて、今日はコンパクトデジタルカメラ専用のミニ三脚、Gorilla Podのレビュー。


(クリックするとAmazonのページへリンクします)

はて、見た目は普通の三脚。でもこれとっても革新的なアイディアのもとに作られているのです。

まずは、外観↓
2012-04-29 (3)

上はクイックシューとなっています。もちろんロック可能。
シューは裏側からコインで閉じるタイプ。

また、特徴的なのは足の形。
節足動物のように、全部の部分が稼働するようになっており、ひとつひとつの節にスペリどめのゴムがついています。

これがどのように使われるのでしょうか?

もうここまで来れば、だれもが分かったでしょうが。。。

そう!巻きつくんです! (←でしょうね!)
2012-04-29 (1)

こうやって手すりなどに巻きつけることで、高さが15cmくらいしかない三脚でも、比較的高い位置からの記念撮影が可能になるのです。

軽いデジカメの場合、無理をすれば、こういう風にも使える↓
2012-04-29.jpg

カメラは、いつものこのブログの写真を取るのにお世話になっている、NikonのCOOLPIX S640。

そのためこの写真は、私のXperia acro(SO-02C)で撮りました。


つまり、何らかの手すり等があればどんな場所でも撮影が可能なのです。

しかも安い!コンパクト!

よく出かけるときにデジカメを持って行き、友人と写真を撮る機会の多い方などは、ぜひいっしょに持って行きたい一品です。

まあ、文句を言うとするならば、以下の3つ↓
1,軽いために重心が上に来てしまい、バランスが悪い。少しの振動でカメラが倒れることがある。

2,可動部分が全体的に固い。まあ、そうじゃないと巻きつかないのだろうが。。。

3、まっすぐピン!という状態にするには、ひとつひとつの可動部を直して行かないとダメ!
一回どっかに巻きつけたのを、小さい三脚として、机の上において使う場合は、まっすぐにしただけだと、足がくねくねしてて、バランスがなおさら取りにくくなる。
2012-04-29 (4)

↑一度巻きつけたのを、単にまっすぐと伸ばしただけのもの。
くねくねしてて、力のかかり方が予測できない。


ちなみに私は、デジタルビデオカメラHDR-CX180でも使用しました。

もちろん撮影中に動かすなんてことは出来ません。

雲台はあってもないようなものですから、パンしようとすると、カッカッカッとなってしまいます。

ですが、定点カメラ的な使い方なら出来ないこともありません。

(バランスが崩れやすいので注意!)


以上、Gorilla Podでした。




なおAmazonでは、『NEWくねくね三脚』という名称でも何種類か売られています。
しかもこっちには携帯電話、スマートフォン用のアタッチメント付き!!



(クリックするとAmazonのページへリンクします)


ではでは~。

スポンサーサイト

×三脚?一脚? 購入日記vol.3

008.png

はい、今回で三回目の『三脚?一脚?購入日記』。今日が最後です。

そして商品が届いた暁にには、レビューという形でご詳細させて頂きます。

さて、SILKのライティポッド200の購入にすぐに踏み切ることが出来ない理由を、お教えします。


実はライティポッド200、公式ページにはこのように書いてあるのです!
「生産完了」


このズーシーンと重い一言。そう、ライティポッド200はもう作っていないのです。


それに対して、ライティーポッド 224 SCはどのように書かれているかというと……、
「NEW! [2012年1月27日発売] 」


なんと堂々たるNEW!の文字。

そう、なかなかライティポッド200の購入に踏み切れなかった理由はここにあるのです。

確かに、スペックからいったらライティポッド200に軍配が上がります。

ですが、今から新しい一脚を買うぞ!というときに、わざわざ生産完了品を選ぶというのは、やっぱり気が引けます。

その点ライティーポッド 224 SCは新製品ですし、新しいもの好きの私の心を揺さぶるのです。


しかし!
いい商品を安く買いたい。このコンセプトでやるのならば、多少の新しい、古いなど関係ないのです!

ましてや、一脚。このような単純な構造の製品は、数年で劇的な変化をもたらすものではありません。

さらに、古くから発売されてきた、ライティポッド200のレビューは多く存在し、それなりに高評価を受けていますが、新発売のライティーポッド 224 SCに関してはほとんどレビューがありません。

つまり、来てみるまで、問題点がわからないのです。

そんな怖いことは出来ません!


というわけで、今回は、ライティポッド200を購入することにしました。

価格コムで調べた、最安の店で。

製品が届いたら、レビューいたします。


ではでは~。

×三脚?一脚? 購入日記vol.2

007.png

はい、昨日から始まった、『三脚?一脚?購入日記』。

初回にして、早速一脚を買うことに決めてしまいました。

まず昨日、一脚を選ぶ際の希望する条件を上げました↓
1,全高が1400mm以上。
2,重さ600g以下。
3,先端に自由雲台つき。

さてこの条件の一脚を探していきます。
(今回は小型ビデオカメラを想定していますが、デジタル一眼レフなどでの使用を検討している方は、望遠レンズをつけてもいいように、搭載重量も考慮する必要があります。)

まずは、価格.comの詳細検索。
その結果、SLIK、Velbonなどのメーカーを中心に10個程度まで絞ることが出来ました。

さらに、値段やメーカー公式ページなどの情報により、以下の3つに絞りました。

まず、SLIKのライティポッド200。

(クリックするとAmazonのページへリンクします。)


次に、同じSLIKからもうひとつ、ライティーポッド224 SC。
なぜかコチラは、「ライティー」です。



最後は、VelbonのULTRA STICK M43Q。

(残念ながら、Amazonでは取り扱っていないようです。 2012/04/28現在)


今回、こだわりたいポイントを中心に、上の3種類の一脚をまとめてみました↓
2012-04-28.png


クイックシューは、三脚・一脚または雲台とカメラを繋ぐ部分で、三脚側の台座とカメラ側の台座からできています。
コレがあると、あらかじめカメラ側の台座を付けておくことで、ワンタッチでカメラを装着できます。

また、一脚を伸ばしたとき、それを固定する方式は2種類あり、レバーで固定するレバー式と、軸を少しだけ回転させて固定する、ウルトラロックがあります。
前に、近所のビックカメラで試したところ、ウルトラロックはきちんと止めないと、使用中にスルスルと落ちて来てしまう事があったので、今回はレバー式のほうがいいと思っています。


さて、そうなると悩んでしまいます。
SLIKの2つは、レバー式ではあるものの、クイックシューは搭載していません。

一方Velbonはクイックシューつきでしかも、3つのなかで一番コンパクトですが、ウルトラロック式を採用しています。

こうして悩んでいるうちにある解決策が浮かんだのです。

なんとSLIKが水準器つきのクイックシューだけで発売してるではないですか!

(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

まあ、価格.comで2000円以上と安くはありませんが。。。

でも、使っていて、どうしてもクイックシューが欲しい!ってなったら、後から買えるのです。

まあ、安くはありませんが。。。



こうして、VelbonのUlutra Stick M43Qは脱落。

残るはSLIKの2種類です。

単純に考えたら、全体的に軽いライティポッド200を選びます。

いやまて、ライティポッド200は本体が軽い分、強度が弱いのではないか?と思ったあなた、なんとそれが逆なのです!
SLIKの公式HPによると、ライティポッド200の最大搭載重量は2kg以下。それに対して、ライティポッド224 SCのそれは1kg。

ライティポッド200は実に良くできた一脚なのです。

だったら、早くライティポッド200を買えよ!なんで迷ってんだよ!お前はバカか?などと思っている皆さん、ちょっとお待ちください。

実は、私がすぐにライティポッド200に決定出来ない理由があるのです!

だから、重いライティポッド224 SCと本気で迷っているのです!



その理由はvol.3で。

ではでは~。

×三脚?一脚? 購入日記vol.1

006.png

このまえ買った、デジタルビデオカメラ。その撮影時の補助に、と三脚か一脚を買おうと思っています。

まず考えたのは三脚。

三脚の最大の利点は、その安定性。これにより動画撮影の場合は手ぶれ補正なくとも綺麗な映像を取ることが出来ます。
またデジタルカメラなどに付け替えれば、記念撮影も出来る。

ですが、三脚の最大の難点は、重い、邪魔、設置がめんどくさい!

とくに三脚は設置に場所を取るために、混んでいる観光地などでは使用出来ません。

また、今回は運動会やコンサートのような固定イベントではなく、旅行という移動しながらの撮影。

三脚の特性は余り生かせません。


それに対しての一脚。

一脚の利点は、軽くて手軽に扱えること。

三脚のように自立しないため、あくまで補助、という目的ですが十分手ぶれを抑えることが出来るだけでなく、
カメラの重さを一脚で支えるので、腕が疲れない、という利点がります。

だが、一脚の利用法はそれでだけじゃあ無いんです!

三脚や一脚とカメラを繋ぐ部分で、カメラの向きを自由に動かせるようになっているところを雲台、といいます。
一脚にも、ボールによって前後左右自由にカメラの向きを固定できる、自由雲台という雲台がついているものがあるのです。

この自由雲台でカメラの向きを自由に調節すれば、一脚の先端カメラをつけ、それを
高く上げて、ハイポジションからの撮影をしたり、と自由なポジション&アングルでの撮影が可能になります。

これはビデオカメラの液晶ディスプレイが自由な角度に向けられるからこその技。

どうですか?

一脚も捨てたものじゃありません。

やっぱり旅行ということを含め、今回は一脚を購入します!

というわけで、「三脚?一脚 購入日記」としましたが、初回で一脚に決定。。。
でも、タイトルは変えません!


今回は以下の条件を満たす商品を探していきます。

1,全高が1400mm以上。
2,重さ600g以下。(旅行に持って行くなら軽くないと。)
3,先端に自由雲台つき。


では、Vol.2で具体的な商品を探しましょう。

ちなみに、日本の三脚で有名なメーカには、SLIK(スリック)Velbon(ベルボン)というメーカーがあるそうです。

いやあ、商品を買うって、勉強になるなあ~


ではでは~。

×SHOT NOTE 買っちゃいました。

005.png


さて、最近電車の中の広告などで見かける、キングジムのSHOT NOTE。


(Amazonのサイトにリンクします。)

これは普通のメモ帳みたいな形をしているのですが、それに書き込んでスマホの専用アプリで読み込むと、綺麗に文字を読み取ってファイリングできるというもの。

なんか、キングジムはこういうような今までになかったような、革新的な商品が多いので前々から気になっていたのですが、結構値段が高いものが多くて、高校生には手が出せなかった。。。
(ポメラとか。。。)

あとキングジムで有名なのは、裏面に赤や緑の正方形が入った、バインダーですね。



そこで、このSHOT NOTEは面白うそうで、しかも安いので買っちゃいました。


まず、外観↓
DSCN2612.jpg

DSCN2613.jpg

まあ普通のメモ帳ですね。ポイントは四隅にマークがついていること。

あとは、文字を適当に書くだけ。
DSCN2620.jpg


そして撮影。

アプリは、App Store(iPhone)かPlayストア(Andoroid)でダウンロードしておきました。

すると、こうなります↓
1335530834979.jpg

上の方の写真同様、斜めからとったのですが、自動で加工されてほとんど真正面からのようになっています。


だれでも使える簡単なしくみがいいですね。

ノートサイズも売られているので、学校のノートもこれで書いて、デジタルでファイリングしようかな~


ではでは~。


×SONY ハンディカム HDR-CX180 のレビュー

004.png


つい最近、SONYのHDデジタルビデオカメラHDR-CX180を買った、という記事をかいたのですが、その時は買うところまでで、実際使ってみてのレビューは出来ませんでした。

今回、そのレビューを紹介していきたいと思います。

とは言っても、他のレビューサイトを扱っている方々のように、幾つものカメラで撮り比べてみたり、普段使っているカメラに比べてどう、なんていうことは出来ません。

逆に言うと、素人だからこそ気になること、気にならないことがあるのです。

だいたい、もっとマニュアル機能を増やしてくれ、なんて言っている人がいますが、もともとエントリー向けの機種にそこまで期待するほうがおかと違いなのです。

さて、愚痴はこのへんで、早速商品の写真です。

まず、箱はこんな感じ↓
DSCN2605.jpg

まあ、本体も小さいですし、可もなく不可もなく、といった感じ。というか箱には特に感情をいだきません。

さて次に本体の写真を見てみましょう↓
DSCN2606.jpg

DSCN2607.jpg

安っぽさは余り感じませんが、やはり表面の指紋が目立ったしまうなど、値段相応の部分はあります。

デザインとしては全く申し分ありません。


次は裏側↓
DSCN2609.jpg

SONYですから、メモリースティックはもちろんのこと、SDXCカードまで対応しています。

っていうかSONY、もういい加減、メモリースティック諦めろよ!


面白い機構がコチラ↓ 手を入れる部分にUSBがついており、PCなどに直接挿せます。
DSCN2610.jpg


さて、こっからが実際使ってみてのレビュー

まず、CX180のいいところ!

1、コンパクト!:
とにかくコンパクト、そして軽量なのがいいですね。今回は旅に持って行き、その道中を含めまるごと撮影しました。そのため4日間の旅で合計12時間撮影しました。
この時、やはり重たいカメラだと腕が痛くなってしまいます。
ですが、このCX180なら、快適に撮影でき、撮影の合間やちょっとした移動時も、ポケットに入る小ささなのでじゃまになりませんでした。

店頭では、ある程度重いほうが手ぶれもせずにいい、なんて思うかも知れませんが、いざ荷物を抱えて撮影となると、やはり軽いのに限るのです。
ですから運動会とかの固定イベントよりは、旅行ムービーなど持ち運びメインの機械としておすすめです。

2、安い:
コレ、とっても重要。

3、光学式の手ぶれ補正(アクティブモード搭載):
やはりこれも大きい。この小さいボディーながら、他のビデオカメラと同等かそれ以上の性能です。
もともとSONYの手ぶれ補正には定評があります。


全体的な画質やマニュアル機能などはどうしても他の上位機種にはかないません。ですがCX180の最大の売りは、この手軽さだと思います。
さっと持ち運んで、パッと撮る。
この利点こそ、旅に持っていくという意味で最高の機種だと思います。


ちょっと不便に感じるところ

1、まず音質:
もともと本体付属のマイクなので、期待はしていませんでしたが、音を重視するなら別売りのマイクを購入したほうがいいかと思います。

2、タッチパネル:
感圧式タッチパネルは、スマートフォンのようなサクサクの静電気式になれると、不便で反応しにくいように感じてしまいます。

3、ズームレバー:
これは個人的な使い方による問題かも知れませんが、ビデオカメラは通常、顔の前に持つよりも、上から手を通して腰の付近で持つほうが安定します。
(顔の前で持つのはファインダーがあったからで、ファインダーレスのCX180では、液晶を上に向ければよい)
ですが、その手の向きでズームレバーを押すと、すぐにぐいっ、と動いてしまい速いズームに。
後から大画面で見ると、ちょっと気持ち悪くなります。
なのでもう少し、調節しやすければなあ、と。


まあ、このように幾つかの不満点はあるものの、どれも致命的というわけではなく、全体としては値段を含め、よく出来たビデオカメラだと思います。
(などと書くことで、自分の払った4万円は無駄じゃなかった!と自己暗示してます!)

ちょっと細かくなってしまいました。

ではでは~。

×SONY ハンディカム 用の互換バッテリーのレビュー

003.png


前回のブログで、SONYのHDデジタルビデオカメラ、HDR-CX180を買った、的な話をしましたが、今回はその際に同時に購入した、Handycam用の互換バッテリーに関するレビューです。

そもそも、純正バッテリーとしてHDR-CX180を含む多くのハンディカムには、容量の小さい順にNP-FV50、NP-FV70、NP-FV100の三種類のバッテリーが用意されています。

もちろん、バッテリーは大容量に越したことはありませんが、NP-FV100は結構重いのでカメラ本体もある程度の重さを持っていないと、前後のバランスが崩れて撮影しにくくなってしまいます。

まあ今回私が買ったHDR-CX180は、軽量・コンパクトボディーが売りですから、このNP-FV100は向いていません。

そこで純正品NP-FV70を2個買うことにするべきです。(お金があったら!)

今回はNP-FV70に対応する互換バッテリーを買うことにしました。(お金がないので!)

互換バッテリーも基本的に純正のサイズと重さに対応するように、3種類用意されています。


その中で今回選んだのはコレ↓

(クリックするとAmazonのページにリンクします)


まあ私は2個セットにしましたけど。。。

(クリックするとAmazonのページにリンクします)


ウェブマートエイトさんのNP-FV70用の互換バッテリーです。

なぜコレを選んだかというと、まずは値段ですが、その他にもいろいろ理由があります。

そこで、私なりの互換バッテリーの選び方!

1、カスタマーレビューを見る:
Amazonのカスタマーレビューを見ましょう。その中で実際に買った人からの意見が見れます。中には「結構本体が発熱する」など使ってみないと分からないものも。

2、対応機種かどうか確認:
大抵商品の詳細の欄に書いてあるので確認しましょう。

3、商品の写真をよく見る:
中には、後ろの電池スペースにはまるけれども、そこからは電気を供給せず、本体についたコードを充電ジャックに指す、という粗悪な互換バッテリーもあります。


後は、買うだけ。

互換バッテリーは、純正と違いうまく作動しないこともありますから、最後は自己責任です。
安心したいのなら純正品をおすすめします。


さて、こっからが今回買った、互換バッテリーのレビューです。


まず、外観はこんな感じ↓
DSCN2597.jpg

一番左側は純正のNP-FV50ですが、パッと見た感じデザインも似ていて、外で使っても全然恥ずかしくありません。

裏側の機構も全く同じように見えます↓
DSCN2598.jpg
(互換バッテリーのほうがでかく見えるのは、高さの違いによる遠近差ですから実際のサイズは同じ)

またカメラへの装着感も、純正バッテリーに比べて何の遜色もありませんでした。

もちろんインフォリチウムですから、バッテリーインフォもちゃんと使えます!
(もちろん誤差はありますので、あくまで参考程度)
DSCN2604.jpg


まあ、純正品の4分の1の価格でコレは、十分満足できます。

以上簡単でしたが、ウェブマートエイトさんが発売している、SONYのHandycam用の互換バッテリーのレビューでした。



互換バッテリーはあくまで自己責任で、他のメーカーさんのも検討しつつ購入してくださいね。

ではでは~。

×ビデオカメラ買いました。SONY Hanycam HDR-CX180

002.png


そろそろこのブログで本当にやりたかったこと、そう、家電のレビューにでも行きたいと思います。

とは言え、高校生という職業柄、大金かけて高い買い物は出来ません。
いかに安く、しかし良い物を買えるか!
この一点にかかっているのであります。

さて、今までも私は何度か友人と、青春18切符を使った列車だけの旅など、格安旅行をしてきたわけなのですが、今回なんとその旅の様子をムービーにしようという提案が浮かんだのであります。

ですが、ムービーを撮るのにはビデオカメラが必要だ!

しかし!我が家のビデオカメラはすでに、旅に持っていく検討さえ出来ないほど古くて大きい!

そこで新品を買いました。

それがこの、SONY handycam HDR- CX180

(↑Amazonのページへリンクします)

この機種に決めるまで、そりゃ悩みました。何しろ金が無い。確かにユーザーレビューでは、主に画質面の問題で多くの人が上位機種をおすすめしてはいます。

だが、予算は4万円

ビデオカメラの常識を覆す低予算。よって、まずは価格コムで検索。

一番安いビデオカメラは、5000円行かないのですが、これならもはやデジカメか携帯!と思うほどの信頼のなさ。。。

ところが、15,000円くらいでJVC(ビクター)がEvrio HM450という機種をを出しているのを発見!(というかここまで値崩れしただけ)

やるなビクター!お前に決めた!と思ったのだが、さすがにちょっと満足行かないスペックだったのです。

手ぶれ補正は電子式。タッチパネルは2.7型。ズームは無駄に40倍(光学)だけど、旅で必要なのはズームよりもワイド。

そう不満だらけ。

そうして考えていると、一年型落ちするけど、SONYのCX180が、35,000円で売っていることを発見!
世界のSONYという名前だけではなく、実力もHM450とはぜんぜん違う。
光学式手ぶれ補正に、3.0型タッチパネル。ズームは、光学30倍で、広角29.8mmというワイドに撮れるSONYのGレンズ搭載 など魅力がいっぱい。まあこれだけじゃないですけど(他にも高感度裏面照射型センサー Exmor R など)

さすがに、HM450の二倍以上の金額。
しかも、これを買ったらバッテリーとかが買えない。。。

だが、そんな悩める高校生のところにもヒーローはやってきたのです!
その名は、互換バッテリー!!!!!!!!!


そう、メーカーの出している純正バッテリーの他に、互換バッテリーなるものが売られているんだとか。

それがコレ!



安い!とにかく安い!

これでお金の算段は着きました。

で、結局購入したのはコレです↓
DSC_0283.jpg


一番左が付属の純正バッテリー。その横のやつと本体についてるのが、大容量の互換バッテリーです。

そしてSDカード(32GB、Class 10)も買っちゃいました。。。(テヘッ!)


結局、
SONY handycam HDR-CX180
互換バッテリー   ×2
SDHCカード(32GB) ×1
全部あわせてお値段なんと4万円ちょっと!

いい買い物でした。

今後、こいつのレビューを含めてまた、お伝えいたします。

ではでは~!




追加情報:

互換バッテリーに関する詳細なレビューを書きました。(4/24)

CX180に関する詳細なレビューを書きました。(4/25)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。