×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×CX180で花火は撮れるか? SONY ハンディカム HDR-CX180

031.png


みなさんこんにちは、この前花火大会を見に行ってきたのですが、ふと花火をCX180で撮影したら、どの程度まで映るのかな?ということが気になり、かるーく10分ぐらい撮影してきました。


CX180の花火撮りの際の利点



・SONYの裏面照射型CMOSセンサー、Exmor Rを搭載しています。

 これにより従来よりも多くの光をセンサーで感じることが出来るので、明るく撮れます。

・レンズはf値が1.8-3.4のGレンズ!

2012-8-13 (1)

1.8の横の2.1-63というのは焦点距離でして、35mm換算で29.8-894mmの光学30倍の超望遠レンズということになりますね。


そして、今回近所の取手花火大会に持って行った、というわけです。

ちなみに、シーンセレクションは「打ち上げ花火モード」に。低照度の時に使う、Low Luxをオンとオフ両方取ってみました。

YouTubeの埋め込みですが、是非みなさんフルスクリーンでご覧ください。

ちなみに、カメラワークとか、手ぶれとか、そういうことには目をつむるように!
あくまで、低照度での性能テスト動画です。

CX180の低照度テスト(花火)





(YouTubeで見る)

【訂正】上の動画中で「Low Lux」オンの時のシーンセレクションが「打ち上げ花火」となっていますが、「Low Lux」オン中はシーンセレクションの選択ができません。(2013.7.15)


どうですか?3万円で買ったビデオカメラにしては、結構映っているじゃないですか。

なかなか侮れません。

ちなみに花火などは、写真撮影は難しいですよね。

シャッタースピードなどを自分で調整できる機種でないと、ぶれぶれ写真に仕上がります。

そういう意味で、ビデオカメラはオトクかもしれません。

また、急なことで外部マイクを持って行けず、内蔵のマイクで撮影したところ、音割れ、ノイズの極みでしたので、BGMで差し替えました。

(来年は、三脚+外部マイクできっちり撮影したい!)



というわけで、CX180の追加レビューでした!

ではでは~。
スポンサーサイト

×SONY ハンディカム HDR-CX180 のレビュー

004.png


つい最近、SONYのHDデジタルビデオカメラHDR-CX180を買った、という記事をかいたのですが、その時は買うところまでで、実際使ってみてのレビューは出来ませんでした。

今回、そのレビューを紹介していきたいと思います。

とは言っても、他のレビューサイトを扱っている方々のように、幾つものカメラで撮り比べてみたり、普段使っているカメラに比べてどう、なんていうことは出来ません。

逆に言うと、素人だからこそ気になること、気にならないことがあるのです。

だいたい、もっとマニュアル機能を増やしてくれ、なんて言っている人がいますが、もともとエントリー向けの機種にそこまで期待するほうがおかと違いなのです。

さて、愚痴はこのへんで、早速商品の写真です。

まず、箱はこんな感じ↓
DSCN2605.jpg

まあ、本体も小さいですし、可もなく不可もなく、といった感じ。というか箱には特に感情をいだきません。

さて次に本体の写真を見てみましょう↓
DSCN2606.jpg

DSCN2607.jpg

安っぽさは余り感じませんが、やはり表面の指紋が目立ったしまうなど、値段相応の部分はあります。

デザインとしては全く申し分ありません。


次は裏側↓
DSCN2609.jpg

SONYですから、メモリースティックはもちろんのこと、SDXCカードまで対応しています。

っていうかSONY、もういい加減、メモリースティック諦めろよ!


面白い機構がコチラ↓ 手を入れる部分にUSBがついており、PCなどに直接挿せます。
DSCN2610.jpg


さて、こっからが実際使ってみてのレビュー

まず、CX180のいいところ!

1、コンパクト!:
とにかくコンパクト、そして軽量なのがいいですね。今回は旅に持って行き、その道中を含めまるごと撮影しました。そのため4日間の旅で合計12時間撮影しました。
この時、やはり重たいカメラだと腕が痛くなってしまいます。
ですが、このCX180なら、快適に撮影でき、撮影の合間やちょっとした移動時も、ポケットに入る小ささなのでじゃまになりませんでした。

店頭では、ある程度重いほうが手ぶれもせずにいい、なんて思うかも知れませんが、いざ荷物を抱えて撮影となると、やはり軽いのに限るのです。
ですから運動会とかの固定イベントよりは、旅行ムービーなど持ち運びメインの機械としておすすめです。

2、安い:
コレ、とっても重要。

3、光学式の手ぶれ補正(アクティブモード搭載):
やはりこれも大きい。この小さいボディーながら、他のビデオカメラと同等かそれ以上の性能です。
もともとSONYの手ぶれ補正には定評があります。


全体的な画質やマニュアル機能などはどうしても他の上位機種にはかないません。ですがCX180の最大の売りは、この手軽さだと思います。
さっと持ち運んで、パッと撮る。
この利点こそ、旅に持っていくという意味で最高の機種だと思います。


ちょっと不便に感じるところ

1、まず音質:
もともと本体付属のマイクなので、期待はしていませんでしたが、音を重視するなら別売りのマイクを購入したほうがいいかと思います。

2、タッチパネル:
感圧式タッチパネルは、スマートフォンのようなサクサクの静電気式になれると、不便で反応しにくいように感じてしまいます。

3、ズームレバー:
これは個人的な使い方による問題かも知れませんが、ビデオカメラは通常、顔の前に持つよりも、上から手を通して腰の付近で持つほうが安定します。
(顔の前で持つのはファインダーがあったからで、ファインダーレスのCX180では、液晶を上に向ければよい)
ですが、その手の向きでズームレバーを押すと、すぐにぐいっ、と動いてしまい速いズームに。
後から大画面で見ると、ちょっと気持ち悪くなります。
なのでもう少し、調節しやすければなあ、と。


まあ、このように幾つかの不満点はあるものの、どれも致命的というわけではなく、全体としては値段を含め、よく出来たビデオカメラだと思います。
(などと書くことで、自分の払った4万円は無駄じゃなかった!と自己暗示してます!)

ちょっと細かくなってしまいました。

ではでは~。

×ビデオカメラ買いました。SONY Hanycam HDR-CX180

002.png


そろそろこのブログで本当にやりたかったこと、そう、家電のレビューにでも行きたいと思います。

とは言え、高校生という職業柄、大金かけて高い買い物は出来ません。
いかに安く、しかし良い物を買えるか!
この一点にかかっているのであります。

さて、今までも私は何度か友人と、青春18切符を使った列車だけの旅など、格安旅行をしてきたわけなのですが、今回なんとその旅の様子をムービーにしようという提案が浮かんだのであります。

ですが、ムービーを撮るのにはビデオカメラが必要だ!

しかし!我が家のビデオカメラはすでに、旅に持っていく検討さえ出来ないほど古くて大きい!

そこで新品を買いました。

それがこの、SONY handycam HDR- CX180

(↑Amazonのページへリンクします)

この機種に決めるまで、そりゃ悩みました。何しろ金が無い。確かにユーザーレビューでは、主に画質面の問題で多くの人が上位機種をおすすめしてはいます。

だが、予算は4万円

ビデオカメラの常識を覆す低予算。よって、まずは価格コムで検索。

一番安いビデオカメラは、5000円行かないのですが、これならもはやデジカメか携帯!と思うほどの信頼のなさ。。。

ところが、15,000円くらいでJVC(ビクター)がEvrio HM450という機種をを出しているのを発見!(というかここまで値崩れしただけ)

やるなビクター!お前に決めた!と思ったのだが、さすがにちょっと満足行かないスペックだったのです。

手ぶれ補正は電子式。タッチパネルは2.7型。ズームは無駄に40倍(光学)だけど、旅で必要なのはズームよりもワイド。

そう不満だらけ。

そうして考えていると、一年型落ちするけど、SONYのCX180が、35,000円で売っていることを発見!
世界のSONYという名前だけではなく、実力もHM450とはぜんぜん違う。
光学式手ぶれ補正に、3.0型タッチパネル。ズームは、光学30倍で、広角29.8mmというワイドに撮れるSONYのGレンズ搭載 など魅力がいっぱい。まあこれだけじゃないですけど(他にも高感度裏面照射型センサー Exmor R など)

さすがに、HM450の二倍以上の金額。
しかも、これを買ったらバッテリーとかが買えない。。。

だが、そんな悩める高校生のところにもヒーローはやってきたのです!
その名は、互換バッテリー!!!!!!!!!


そう、メーカーの出している純正バッテリーの他に、互換バッテリーなるものが売られているんだとか。

それがコレ!



安い!とにかく安い!

これでお金の算段は着きました。

で、結局購入したのはコレです↓
DSC_0283.jpg


一番左が付属の純正バッテリー。その横のやつと本体についてるのが、大容量の互換バッテリーです。

そしてSDカード(32GB、Class 10)も買っちゃいました。。。(テヘッ!)


結局、
SONY handycam HDR-CX180
互換バッテリー   ×2
SDHCカード(32GB) ×1
全部あわせてお値段なんと4万円ちょっと!

いい買い物でした。

今後、こいつのレビューを含めてまた、お伝えいたします。

ではでは~!




追加情報:

互換バッテリーに関する詳細なレビューを書きました。(4/24)

CX180に関する詳細なレビューを書きました。(4/25)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。