×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×シンプル!Mac専用テンキー iBUFFALO BSTK08MSV

068.png

みなさんお久しぶりです。Musutai(ムスタイ)でございます。

さて、夏も暑くなってまいりましたね。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

最近なにかと、期末試験も近づき、多くのレポート課題が出される中、最近何かと数字の入力が多くなってきたムスタイでございます。

わたくし,こう見えましても(←??)タイピングはまずまず速いほうでございまして、寿司打とか結構やってました。ですが、キーボードの一番上の数字キーに関しては猿なみです。

そこで今回はMacにぴったりなテンキーを買いました。

今回の商品



(クリックしたらAmazonのページへリンクします。)


iBUFFALOのMac用テンキー、BSTK08MSV です!

これはテンキーのついていないMacのキーボードを使うデザイナーやクリエーターのために作られたテンキー。

デザインも非常にMacとマッチするほか、さまざまな機能がついています。

BSTK08MSVのレビュー



D7K_8858.jpg
↑まずは箱。「Mac専用」の堂々たる文字!

D7K_8860.jpg
↑本体こんな感じ。

エッ!Bluetoothじゃないの!! 
買ってから気づいたムスタイです。

でも質感などは、安い割にしっかりています。きちんと打ちやすい傾斜がついています。

000キーがついているのはあまり見ないような。どうなんでしょうか。

20140725-4.png
↑初めて挿したときにこんなのが出ますが、閉じてしまってかまいません。
これは、文字入力用のキーボードの設定アシスタントです。

D7K_8861.jpg
↑実際にエクセルで試してみました。かなりいい感じです。

とくにいいポイントは000キーとDeleteキー。

よく1000pxなどと入力することの多いわたしは「1」+「000」で入力が完了するのがとても爽快。

またテンキーは常に半角の数字を入力できるので、日本語の文章中に半角数字を入力するときにも助かります。

押した感覚はMacBookProのキーボードのようなカチャカチャという薄い鍵打感ではなく、もうすこし深くてしっかりしたコツコツって感じです。(電卓を少ししっかりさせた感じ?)こっちの方が好みかも。

iBUFFALO BSTK08MSV


・Mac専用テンキー
・Macの雰囲気に合ったシンプルなデザイン
・高額入力に便利な000キーつき。
・対応機種:Apple Mac Bookシリーズ、Power Bookシリーズ、Bookシリーズ
・対応OS:Mac OS X(10.0〜10.8) ※当ブログでは10.9で動作確認済み。
・大きさ:87×124×22mm
・重さ:100g
・インターフェース:USB2.0 バスパワー


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる




スポンサーサイト

×Macに最適な外付けHDD TOSHIBA HD-AA10TW

067.png

みなさんこんにちは、Musutai(ムスタイ)でございます。最近ばたばたと新ブログの作成や、ブログの大改装などお騒がせしました。

一部には「一年中、閉店セールやっておきながら、いっこうに閉店しない店ようだ」という声も聞かれますが・・・。

さて、今回はMusutaiがお送りする久しぶりのレビューでございます。

Macをお使いの方の多くはご存じだとは思いますが、Macにはとっても便利なバックアップ機能「TimeMachine」がついています。

これは自分で買ってきた外付けHDDをTimeMachineに登録すればMacが定期的にバックアップしてくれる、というもの。

ここで今回ご紹介するのは、Macにデザイン的にもぴったり!しかも軽量、コンパクトな外付けHDDです!

今回の商品



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

TOSHIBAのポータブルハードディスク、HD-AA10TWです!

信頼の東芝製、高速転送可能なUSB3.0、容量は1.0TBで、コンパクトといういいことづくしの商品です。

HD-AA10TWのレビュー



D7K_8791.jpg

↑まずは箱から。

D7K_8793.jpg

↑商品の外観。少し長め(1m)のUSB3.0ケーブルがついています。

もちろんUSBバスパワーで動くので、他の電源を必要としません。

D7K_8795.jpg

↑Mac Book Proの並べてみました。他のApple製品と並べても、デザインが似ているので違和感なく使えます。

通信中はブルーのLEDが光ります。

純正にもAirMac Time Capsuleという製品がありますが、コチラはずっと大きくて、しかも高い!

でもこのHDDなら容量もちょうどよく、コンパクト!

Mac使いの人には是非お勧め!もちろんWindowsでも使えます。

TOSHIBA HD-AA10TW


・他のApple製品とも親和性の高いシンプルなデザイン
・コンパクトな設計
・バスパワーで駆動
・USB3.0対応で高速通信
・外寸:79×118.9×13.5 mm
・対応OS:Windows 8.1 / 8 / 7 、 Mac OS X 10.9 / 10.8 / 10.7 / 10.6.6以降
・インターフェース:USB3.0
・付属:USB3.0ケーブル(1m)



メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


×ゲームしないけど、ゲーミングマウス!  Logicool レーザーゲーミングマウス G500s

062.png


さて、今日はマウスのご紹介です。

あれ、ムスタイさん、トラックボール派じゃなかったの?

と思われた方、すいません。実はあのトラックボールは壊れてしまったのです。それもボールの部分ではなく、クリックする部分。一回しかクリックしていないのに、二回反応してしまうようになったのです。

そこでもう一度トラックボールにしようと思ったのですが、なかなかいい機種がなく、ふたたびマウスに戻りました。

ムスタイは、次は長く使えるいい物にしよう!と決めたのです!!

そこで今回、ムスタイが探した条件は↓

1、高速スクロールが使える。(一度回すと惰性でスルスルといくやつです。)
2、耐久性が高い。
3、割り当てボタンがいくつかある。
4、有線。(電池交換がめんどくさい。)


しかし、いろいろと探したのですが、なかなかいいマウスが見つかりません。そこでふと目をつけたゲーミングマウスのコーナー。

ゲーマーじゃないし!と思っていたのですが、今回私の条件にぴったりの、マウスを発見してしまいました。

それがコチラ↓

(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

Logicoolのレーザーゲーミングマウス、G500sです!

たしかにゲームをしない人にとって、このマウスはオーバースペックかもしれません。

しかし、0.1秒を争うような過酷な使用を想定して作られたマウスは、信頼性、耐久性ともに優れているに違いありません。

また、ゲームをしない人の日常生活においてもゲーミングマウスの真価が発揮されるシチュエーションがあるかもしれません↓
(くだらないので読み飛ばしていただいて結構です。)

日常生活におけるゲーミングマウス


Logicool G500sを導入しなかった場合
大学受験中のタカシ君は、深夜、東進ハイスクールの在宅授業をうけるフリをしてニコニコ動画にいそしんでいます。

そこへ、タカシ君の部屋のドアに手をかける音が!!!

タカシ君は素早くブラウザのタブ切り替えボタンを押そうとしますが、安物のワイヤレスマウスだったためラグがあり、間に合いません!

部屋に入ってきたお母さんはそれをみて、
「タカシ、洗濯も・・・・・・アンタ!何やってるの!!パソコンは取り上げます!

マウスの反応が遅かったがために、パソコンを取り上げられてしまうことに!


Logicool G500sを導入した場合
大学受験中のタカシ君は、深夜、東進ハイスクールの在宅授業をうけるフリをしてニコニコ動画にいそしんでいます。

そこへ、タカシ君の部屋のドアに手をかける音が!!!

タカシ君は素早くブラウザのタブ切り替えボタンを押そうとします。そこでLogicoolのG500sを使っていたため、素早くマウスを動かし、無事切り替えることに成功。

部屋に入ってきたお母さんはそれをみて、
「タカシ、洗濯物よ。あら、偉いわねぇ、夜中まで勉強して。何かお夜食は欲しい?」

「じゃあ、マルちゃん製麺!」

「わかったわ。すぐ作ってあげるからね。」

こうしてタカシ君は、パソコンを取り上げられるどころか、マルちゃん製麺を食べながらニコニコ動画をみることができるのです。

もちろん、G500sを使っているのですから、次に夜食をもってお母さんが入ってきたときも素早くタブを切り替えられるに違いありません。

(受験にはどっちがいいかは分かりませんが・・・・・・。)


さて、くだらない小話はこのへんでレビューに行きます!

Logicool G500sのレビュー


あくまで、ゲーマーでは無く一般的な用途に使いますので、外観などのレビューです。

2014-02-26 (1)
↑箱はこんな感じ。いやあ、高級感があっていいですな。

2014-02-26 (2)
↑おもり。本体の中に入れて、前後のバランスや、マウス全体の重さを調節するらしい。確かに最初の状態は、私には軽すぎた。

2014-02-26 (3)
↑そしてこれが本体。カッコイイイイイイイ!!!!!!

2014-02-26 (4)
↑ホイールの手前に小さな切り替えボタン。このボタンで、高速スクロールとカリカリって感じの普通のスクロールを着替えできる。
たとえば、少ない項目を選択するときは普通のスクロール。長いウェブページを観るときは高速スクロールが便利。

長いウェブページの一例→『円周率百万桁』

2014-02-26 (5)
↑ケーブルはロープのような加工。ビニール製よりも高級感があり、ホコリなどが付きにくく、絡まりにくそう。

2014-02-26 (7)
↑サイドにも割り当てられるボタンがたくさん付いています。

2014-02-26 (9)
↑裏面。赤いところにおもりを装着したカートリッジできな物を差し込む。

2014-02-26 (10)
↑通電するとこのように青いランプが点灯。これは、マウスカーソルの速度を表している。左クリックボタンの横の+、-ボタンでシチュエーションにより手軽に変更できる。もちろん専用のアプリケーションで細かくカスタマイズすることも可能。


さて、使ってみた感想としては、チョー気持ちいい!!! (←古っ!!!)

やはりゲーミングマウスと言うことで、細部まで手を抜かない感じがよい。もちろん手にフィットする感覚も最高です。

そしてなんと言っても高速スクロールが気持ちいい! 買ってよかった~~~。

一般人の皆さん、ゲームやらないからって、ゲーミングマウスをはじめから無視してはいけませんよ。一般的な用途にも十分そのメリットが発揮されると思います。

Logicool レーザーゲーミングマウスG500s


・大きさ:73.4 x 129.2 x 44mm
・ケーブル長:200cm
・重さ:170g (ウェイトカートリッジなし)
・解像度:200-8200dpi
・対応OS:Windows Vista / Windows 7 / Windows 8もしくはそれ以降
・高い耐久性。(2000万クリック、250kmの操作にも耐える)
・デュアルスクロールで2種類のスクロールを変更可能。
・バランスウェイトで調整可能。


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。