×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×梅雨前に対策を!一眼レフをカビから守る! ハクバ ドライボックスNEO 5.5L

057.png


みなさんお久しぶりです。ムスタイでございます。

つい昨日学校の中間試験が終わったばかりであります。実は、みなさまにレビューをお届けしたい商品が相当たまっておりまして、もはや消化ゲーになっている感も否めませんが、早速レビューします。

さて、カメラが好きだけれども学校の試験や予備校の模試などが重なって、なかなか日曜日に出かけられず、カメラをいじることができない欲求不満な方も多いはず。

ところで、カメラを使わない日、皆さんはどのように保管していますか?

え、カメラバックに入れっぱなし?

ダメダメ!そんなことしちゃ!

そうなんです、実はカメラは湿気にとても弱いのです。とくに、レンズは風通しの悪いところにずっと置きっ放しにしておくとカビが生えてしまいます。

しかもそれが肉眼で見える頃には、すでに手遅れ。たいていの場合、レンズを新たに買った方がいいぐらいの修理費がかかってしまうそうです。

それを防ぐ簡単な方法は、できるだけこまめに使ってやること。ですが、なかなかそうも行きません。

また、防湿庫という専用の棚も売っていますが、さすがに高すぎてそこまでする必要はないと感じる方も多いと思います。

そこで、手軽に、ですがカメラバックよりは非常によい保管方法、それがコチラ↓

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

ハクバのドライボックスNEO 5.5Lです。ドライボックスというのは、行ってみれば、大型のタッパーみたいなもの。そのふたの裏側に乾燥剤を入れる部分があり、付属の乾燥剤を使うことによって、中の湿度を低い値で保つことができるものです。

ドライボックスの利点はなんと言っても値段でしょう。非常の安価なため、カメラ機材が増えるにつれ、どんどん買い足していくことができます。

さて、ではレビュー行ってみましょう。

ハクバ ドライボックスNEO 5.5Lのレビュー



2013-05-19 (2)
まずは外観です。一見すると普通のタッパーのようです。

2013-05-19 (3)
中身を開けるとこんな感じ。ふたにはパッキンが有り、本体と密着して機密性を高めています。また、ふたの裏側には乾燥剤を入れる白い箱が有り、付属の乾燥剤を入れることで使用可能です。

実際に使っていないから分かりませんが、乾燥剤は長期間使用可能上、比較的安価で購入できます。

2013-05-19 (4)

D7000との図。意外に本体は小さいのが分かります。

5.5Lってでかそうに見えるけど、だまされないで!

2013-05-19 (1)
実際に入れてみました。D7000に18-105mmをつけた状態で、ほかに70-300mmと50mmのレンズを入れることができましたが、これで目一杯です。

しかも箱は意外に浅く、端に寄せないとD7000が乾燥剤を入れる部分に引っかかってしまい、うまくふたが閉まりません。
あと、クイックシューをつけた状態での収納もできませんでした。

というわけで対応カメラサイズとしては、D7000以下となりそうです。キャノンの7DやニコンのD600は無理だと思う。

でもサイズからして、基本的にはミラーレスや小型の一眼レフユーザー向けの商品のようです。

もうすこし深いサイズにして欲しかった・・・・・・。


カメラが壊れることを考えれば、ドライボックスは非常に安い選択です。手軽に防湿対策をしたいというあなた、日本が梅雨に入る前に是非、購入されることをお勧めします。


ハクバ ドライボックスNEO 5.5L


・容量:5.5リットル
・外寸:330(W)×220(D)×135(H)mm
・内寸:250(W)×175(D)×105(H)mm
・乾燥剤:5g×2個
・安価で手軽にカメラをカビから守れます。

メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



スポンサーサイト

×一眼レフで撮った写真をiPadで確認! EC-MART 2in1 カメラコネクションキット

056.png

おひさしぶりです。ムスタイでございます。

もう高校3年ともなり、明日は大事な大事な模試であるにもかかわらず、『探偵はBARにいる2』を観てきて、さらにブログの更新までしているムスタイでございます。

実は最近父親からiPad2を貰いました。というのも、父親は新たにiPad miniを買ったらしく、一度miniの便利さに気づいてしまうと古いiPad2はいらないからという事らしいのですが。

さて、せっかくのiPad。普通に家でネットを楽しむだけではモッタイナイ!

そこで、一眼レフで撮った写真をその場でiPadの大きな画面を使って確認できれば、人に見せる時とかにも役立つじゃん!と思いついたわけです。

はい、今回買ったのはこちら↓

今回買ったもの



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

EC-MARTの2in1カメラコネクションキットです。(どうやらEC-MARTはブランド名らしい。)

この商品、なにが2in1かというと、USBとSDカードの両方をiPadへつなげることができるのです。Apple純正のものはUSB用とSDカード用別々に用意されており、しかも比較的値段も高い(3980円)ということで、こちらの商品は非常に便利です。ちなみに、純正のApple iPad Camera Connection Kitはコチラ

USBのほうはPC用のUSBキーボードをiPadで使う際などのためだそうですが、Bluetoothという物がある時代にどこまでの需要があるのか・・・・・・、さっぱり分からない。

では、さっそくレビューに参りましょう!

2in1 カメラコネクションキットのレビュー



2013-05-12 (2)
本体はこんな感じのデザイン。どうです!すばらしくないですか? (←どのへんが?)

2013-05-12 (1)
説明書にはまさかの記載が! 実におもしろい。 (←言いたいだけ)

2013-05-12 (3)
SDカードはここまでしか入りませんが、全く問題はありません。

2013-05-12 (4)
後はiPadに挿すだけ。自動的に取り込みの画面が開きます。
(ちなみにSDカード内のDCIMのフォルダ内にさらに小フォルダがある場合には読み込めないそうです。)

2013-05-12 (5)
「すべて取り込む」をポチれば完了です。

2013-05-12 (6)
取り込んだ写真はカメラロールで確認できます。もちろんその他のアプリケーションを使って加工したり、SNSに投稿することもできます。

ここで注意!
2013-05-12 (7)
本体側面にちっちゃな切り替えスイッチがあり、SDカードを利用する場合とUSBを利用する場合で切り替える必要があります。

2013-05-12 (8)
それにしても非常によい製品でした。見比べれば分かるとおり、カメラの液晶とiPadではピント確認も含め、できることが段違い!撮った写真をその場でみんなで観るのも簡単にできます。そう、iPadならね。

EC-MART 2in1 カメラコネクションキット


・対応カード:SD/MicroSD
・重さ: 約20g
・対応OS:最新iOS6.0.1まで対応
・iPad/iPad2/iPad3本体より給電 PCより給電。
・カード/USB 機能切替スイッチ付き。
・iPadおよびPCのSDカードリーダ、iPadおよびPCへのUSB機器の接続が可能です。

メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


×望遠レンズを手に入れた  nikon AF-S NIKKOR 70-300mmf4.5-5.6G

054.png

お久しぶりです、今日はまたレンズをゲットしました!

今回は今までずっと欲しい、欲しいと思っていた望遠レンズです。

私がカメラを始めたと知った祖父が、「これでレンズでも買いなさい」とくれたお金でございます。

いやあ、本当にありがとうございました。

というわけで今回買ったのがコチラ↓

今回買った物



(クリックするとAmazonのページへリンクします。)

NikonのAF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)という手ぶれ補正搭載、焦点距離70-300mmの望遠レンズです。

望遠レンズというのは、遠くの物を近くに引き寄せて撮影することができる物です。一眼レフというのは、このように用途に合わせてレンズを交換して楽しめるのです。

さて、では早速レビューいたしましょう!

AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6Gのレビュー



2013-04-29 (9)
やはりニコンのレンズと言えばこの金色の箱!いやあ、最高です!実は今回は人生初の中古レンズです。やはりレンズって高いですから、中古でもいいかな、と。

利用したのはマップカメラという日本最大の中古カメラを取り扱うサイト。

新宿には実店舗も持っています。やはりネットで買い物をするときには、実際に店舗を持っている会社から買うことをおすすめします。

2013-04-29 (2)
こちらが本体。「美品」を選んだので、本体には目立った傷も無く、レンズにも全く傷がありません。
この辺はマップカメラさんのほうでも厳正に審査されているのだと思います。

2013-04-29 (3)
マニュアル/オートフォーカスの切り替えボタンと、手ぶれ補正のON/OFFスイッチ。これらに加えこのレンズには、手ぶれ補正にACTIVEモードも搭載。これは車の中からなど自分が動きながら撮影する際に効果的なんだとか。

2013-04-29 (4)
フードをつけた状態。写真でもわかりますが左の所に少し汚れが目立ちます。おそらく「美品」というのはカメラ本体の状態だけで判断しているのではないでしょうか?

まあ機能には全く影響ありませんし、もし気になってもフードだけなら安く手に入れることができるので、そこまで問題は無いでしょう。

2013-04-29 (7)
レンズのフィルター径は18-105mmと同じ67mmということで、PLフィルターなどの使い回しがラクそうです。今回も、ケンコーの保護フィルター(Kenko PRO1D プロテクターワイド 67mm (Amazon))を装着。

2013-04-29 (6)
今持っているレンズ達との比較。やはり望遠レンズの長さが際立ってますね!
(左から50mmf1.8、18-105mmf3.5-5.6、70-300mmf4.5-5.6)

2013-04-29 (8)
カメラにつけた状態!
カッコイイィィィィィィィーーーーーーー!
ああ、発狂しそう・・・。(←すでにしてるだろ!)

D7000のボディーにあわせると大きさもちょうどいい感じです。

撮ってみた


ではこのレンズを付けて、早速撮影行ってきました↓

今回は成田国際空港の近くの有名な撮影ポイント桜の山公園からです。

2013-04-29 (12)
D7000にこのレンズをつけると、焦点距離が35mm換算で450mmの望遠レンズに。滑走路から離陸するジャンボジェット機の勇姿を写すことができます。

2013-04-29.jpg
カッコイイーーーーーーー!(このレンズをつけたカメラが)


Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)


・レンズ構成:12群17枚
・焦点距離:70~300 mm
・最短撮影距離:1.5 m
・最大径×長さ 80x143.5 mm
・フィルター径:67mm
・重もさ:745g  
・手ブレ補正機構VRを搭載。
・フルサイズ対応で約4.3倍のズームレンズ。
・運動会や動物園など、離れたものを大きく撮りたいとき便利。


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。