×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×D7000でつくるタイプラプス動画  Nikon D7000

046.png


突然ですが皆さん、タイムラプス(Time Laps)ってご存じですか?最近ではインターバル撮影などという名前で、デジタルスチルカメラやビデオカメラなんかのおまけ機能としてついているものも多いです。

タイムラプス?何それ?美味しいの?というみなさん、百聞は一見に如かず。まずはこちらをご覧ください。

私が秋葉原をモデルに撮影した人生初のタイムラプス動画です。


(YouTubeで見る)

タイムラプスを日本語で超微速度撮影というのもわかりますね。このように長い時間を高速で見せることで、見慣れた風景を非現実的で芸術的なものに変えることができるのです。

でも、ビデオカメラの動画の100倍速とはちょっと違うんです。よく見ると一つ一つのコマで光跡が見えています。

つまり一つ一つのコマはシャッタースピードの遅い写真をつかい、それらで動画を作ってるんです。だからこんな不思議な世界になるのです。


タイムラプス動画にはいろいろな作り方がありますが、今回はデジタル一眼レフカメラNikon D7000を用いた方法を説明します。

(D7000以外のカメラでも当然できます。またiPhoneアプリもありますので、そちらで手軽に撮影することも可能です。)

D7000のようにインターバルタイマーが内蔵されているカメラの場合、タイマーをセットしておけばカメラが一定間隔で自動にシャッターを切ってくれますが、そうで無い場合は外付けのタイマーを使うか、自分の手でwww


D7000を使ったタイムラプスの撮影法


1、準備するもの

三脚、カメラ、あとできればNDフィルター。

2、実際に撮影しよう

まず、ポイントに三脚を立てカメラをセットします。
この際に長時間同じ場所に立てるので、通行人の邪魔にならないようにしましょう。

そして、カメラの調整をします。この際、フォーカス、ホワイトバランス、ISOのようにカメラが自動で変えてしまう設定はすべてマニュアルにしましょう。そうしないと一枚一枚設定が変わり、あとで動画にするとチカチカしてしまいます。

そして、試しに一枚撮って、構図を確認したら、後はインターバルタイマーをセットして撮影開始です。

<通常の撮影と違う設定>
フォーカス:マニュアル
ホワイトバランス:オート以外
ISO感度設定:オート以外
シャッタースピード:好みだが、1/2ほどだと結構おもしろい。日中はNDを使わないと難しい。

画像サイズ:jpegで、一番小さいサイズの小さいもの
撮影後の自動再生:オフ

インターバルタイマーの設定
  撮影間隔:好み。早くすると滑らかになる
  撮影枚数:1秒の動画を作るのに30枚程度は必要。ほしい動画の秒数から逆算。


3、動画に仕上げよう

動画編集ソフトやネット上のフリーソフトなどを使用して、撮影した静止画を動画にしていきます。

今回私はPower Director 10というソフトを使いました。このソフトには手軽にインターバル動画を作れる機能がついており、動画編集にも役立つので重宝しております。

以上ざっくりとですが、タイムラプス動画(インターバル動画)の作り方でした。


(おまけ)D7000でのインターバルタイマーの設定法



2013-01-10 (1)
撮影メニューの中のインターバルタイマー撮影を選択

2013-01-10 (2)
すぐに撮影を始める場合は、即時スタートを選択

2013-01-10 (3)
撮影間隔の設定。写真では10秒間隔。

2013-01-10 (4)
撮影枚数の設定。写真では60枚。よって1秒30コマ換算で2秒分の動画になる。

2013-01-10 (5)
開始を押すと撮影がスタートし、カメラが自動で指定された枚数のシャッターを切る。



いかがでしたか?最近はiPhoneやビデオカメラなどにもついており、結構手軽に撮影できます。ひまわりが太陽を追っかける様子や人混み、雲の動きなどを撮影すると普段と違ったものができるかも。

さて、今回冒頭で紹介した動画の中に、周りの人とは違い不自然に普通のスピードで歩いている人を発見できましたか?

あれは合成では無く、友人に超、超、超ゆっくり歩いてもらっているのです。

実際の90倍速になるので、普通1秒で歩く距離を90秒かけて歩いてもらっています。

町の人からも結構ジロジロ見られていました(笑)

みなさんも、是非挑戦してみてはいかがでしょうか?


ではでは~。

スポンサーサイト

×一眼レフがやってきた!(撮ってきた編) Nikon D7000 18-105mmズームレンズキット

043.png


さて、昨日まででは家の中で喜んでいたわけですが、早速今日、天気もよかったので手賀沼へ行って撮影してきました。

やっぱり平日ということで人は少なかったのですが、何人か撮影している人も見かけました。

みなさんやはり鳥が目当てのようで、長い望遠レンズなんかをつけている人も。

私はもっぱら風景、時々鳥、だったのでキットレンズで十分楽しめました。


カメラ歴3日の超初心者なので、全然うまくはないですが、一応何枚か貼っておきます。

全部RAWで撮影して、付属のViewNX2というソフトで現像してます。

(クリックするとフォト蔵へジャンプします。)

2012-12-13 (1)

2012-12-13 (2)

2012-12-13 (3)

2012-12-13 (4)

2012-12-13 (5)

2012-12-13 (6)

×一眼レフがやってきた!(使ってみた編) Nikon D7000 18-105mmズームレンズキット

042.png


二日連続更新中のムスタイです。

さて、昨日開けるところまでお見せしました。

今回は実際に使ってみて、の感想です。


まず、ファーストインプレッションは、"チョー最高!!"
(ふ、古いっ!!)

今までの電子音とは違い、カシャッというシャッターの音とともに伝わってくる振動。これぞ、「写真を撮る」ということなのではないでしょうか。

いまはスマートフォンのカメラも解像度が増して、「もうスマホで何でも撮れる」なんて思っている人も多いかもしれません。ですが、このカメラを手にして瞬間、そんな考えは吹き飛びます。

設定項目もたくさんありすぎて、すぐには使いこなせそうにもない。説明書も200ページ読破したが残り170ページ。。。

ですが、これを使いこなして撮影できたら、どんなに楽しいか・・・。

さて、実際の操作感や性能などは多くのサイトでプロのカメラマンがレビューしてますので、私のようなドレッドノート級素人(ド素人)は控えさせていただいて、

とりあえず、その無骨でかっこいいデザインをお楽しみください。

D7000のデザインレビュー


2012-12-12 (12)

2012-12-12 (13)

2012-12-12 (18)

2012-12-12 (17)


ね、いいでしょ?

これから、ガンガン使っていく予定です!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。