×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×いい音!かっこいい!最強Bluetoothスピーカー SONY SRS-X5

title070.png

皆さんお久しぶりです。ムスタイでございます。

さて、約2年ぶりの商品レビューとなる今回はBluetoothスピーカーです。
これはかねてから勉強中に音楽を聞きたい!と思って購入を考えていましたが、今回ついに手に入れたので早速レビューです!

今回の商品




SONY SRS-X5 /クリックするとAmazonのページへリンクします。)

SONYのワイヤレスポータブルスピーカー、SRS-X5です!

この機種にはSRS-X55という後継機種も発売されており、いわゆる型落ちというモデルですが、それでも非常にコスパに優れた機種で発売から2年たった今買っても全く遜色ない機種なのです!

というか今がお買いどき!!

さっそくレビューしていきます。

Bluetoothスピーカーの人気機種



さてその前に、Bluetoothを搭載してスマホなどの音楽を楽しむワイヤレススピーカーの人気から。

最近この手のスピーカーが非常に人気あり、価格も1000円以下のものから数万円まで非常に幅がひろいですが、その中でも圧倒的人気を誇るのが、 BOSEのSoundLink mini Ⅱでしょう。

BOSE SoundLink mini Ⅱ /Amazon) BOSEの一番人気のBluetoothスピーカー。重低音の「BOSEサウンド」は健在!

これは、小さいボディながら重低音をかなり効かせた、BOSEサウンドというやつが存分に楽しめるモデル。でも逆に重低音が効きすぎて、J POPとかを聞きたい人には不向きとも言われています。

そしてなんといっても高い!

そんなBOSEに対抗してSONYが発売したのが、今回紹介するSRSシリーズです。

でもこれ、僕の紹介するSRS-X5の次の世代だと、
SRS-X99、SRS-X88、SRS-X77、SRS-X55、SRS-X33、SRS-X11というラインナップ。


(SONY SRS-X55 /Amazon) 少し大きめだが、サブウーファー搭載でSoundLink mini Ⅱを凌ぐ高音質モデル。価格もBOSEと同等だが、大きさゆえに持ち歩きはNG。


(SONY SRS-X33 /Amazon) サイズ的にはSoundLink mini Ⅱの対抗馬。かなり売れ筋モデル。



(SONY SRS-X11 /Amazon) コンパクトなモノラルスピーカーだが、2台買うとステレオに!2台を離して置けば上位機種を凌ぐ立体感?カラーバリエーションが豊富。

BMWか!お前らは!何なんだこの機械的なナンバリングは!
ってなるわけです。

SoundLink mini Ⅱの対抗馬としては、SRS-X55やSRS-X33あたりが挙げられます。サイズ的に同じなのはX33ですが、お値段的にはX55でもSoundLink mini Ⅱよりお安いです。

この辺でかなり悩みました。やはりBOSEは重低音が響くので「いい音かも!」という印象が強いです。ですが店頭で聞いてみたところ、始めに重低音に感動しますが、よーく聞くと中高音のボーカルはそこまででもない、という感じでした。

一方の SONY。やはり選ぶなら、SRS-X55かな、と。BOSEにはないサブウーファーもついていて、バランス型です。オールラウンダー。BOSEが27,000円で、SRS-X55が25,000円。

う〜んどうしよう。。。

さらに、豊富なカラーとカワイイデザインが魅力のJBL FLIP3や、同じくSONYの最新モデルSRS-HG1も目に入ってきて、決められない!

JBL FLIP3 /Amazon) 老舗の音響メーカーJBLのカラフルで大人気のBluetoothスピーカー。


SRS-HG1 /Aamzon)ハイレゾ対応。h.ear goというコンセプト。カラーバリエーションがかわいい。SRS-X33の後継?のSONY最新モデル。


BOSEのSoundLink mini Ⅱか、SONYのSRS-X55かなどとAmazonの奥地まで迷い込んでいた時に発見したのです。 SRS-X5!X55の一つ前のモデルとはいえ、18,000円!もう即決でしたね。ポチりました。

SONY SRS-X5のレビュー



今回紹介するSRS-X5はX55の前のモデル。違いとしては、バッテリー駆動時に出力が制限されることぐらいです。

D7K_9976.jpg
↑まず箱はこんな感じ。相変わらずSONYらしいデザイン。

D7K_9978.jpg
↑中身は本体とACアダプターと説明書のみ。

D7K_9979.jpg
↑本体はこんな感じ。

カッコイイーーーーーーーー!ノ゚∀゚)ノ

いや〜本体をにしてよかった。本体カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色!
X55はブラックとホワイトの2色展開ですから、赤はX5の限定カラー! ←「限定」に弱い男

重さは結構ずっしりしています(1200g)。まあ、バッテリー駆動時も14Wのスピーカーで8時間使用できるので、そのためのバッテリーが重たいのはうなずけます。あくまで、自宅内でしか使わない私にとってもノープロブレム。
(持ち歩くならX3、X33が絶対オススメ!)

D7K_9988.jpg
↑iPhone 6とのサイズ比較。

D7K_9989.jpg
↑サイドはシルバーでこれもまたカッコイイ!

D7K_9994.jpg
↑ボタン部分。電源ボタンと通話ボタン以外はタッチセンサーになっていて、レスポンスも問題なし!(ここはSoundLink mini ⅡよりGood!)
音量はiPhoneの音量ボタンよりも細かい音量調節が可能です。

さて、実際に聞いてみましょう!

D7K_9995.jpg
↑iPhone 6とBluetoothで接続しみました。

いや〜、これがすんごいのよ。音が。クリア。綺麗。半端じゃない!

BOSEのようにいやに重低音を強調しすぎず、心地良いサウンドです。中高音まで解像感高く、クリア。でも重低音もBOSEにはないサブウーファー搭載だから、しっかり出るんですよ!

さらにBluetoothボタンの横の「Sound」ボタンを押すとより音が広がって聞こえる。こりゃすごい!

なんだかんだ偉そうなこと言いましたが、とにかくいい音です。素直に。

SONYの9000円のヘッドホン(MDR-ZX700)なんかよりずっといい音なのにはびっくり!買ってよかった。

ちょっと今のスピーカー物足りないな、と思っているそこあなた!今はイヤホンで聞いてるけど、家の中でBGM流したいなと考えてるそこの君!どうせ買うならちょっとイイモノを買うのをおすすめします!

というわけでSRS-X5のレビューでした〜。

SONY SRS-X5



・シンプルで飽きが来ないデザイン
・フルレンジスピーカー+サブウーファーで重低音から高温まで高音質!
・Bluetoothで簡単に接続できる!
・実用最大出力:20W
・消費電力:26W(電源駆動)、14W(バッテリー駆動)
・大きさ:22.1×11.8×51cm
・重さ:1.2kg


メーカー製品情報ページ  Amazonで価格を調べる


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。